メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

はたらくくるまと表現の不自由

匿名による数に任せた抑圧をもう放置してはいけない

赤木智弘 フリーライター

拡大『はじめてのはたらくくるま 英語つき』(講談社)は29ページのうち6ページが自衛隊に割かれ、潜水艦や対潜哨戒機など「くるま」でない写真も掲載された

ネット住民の嚙み付き方

 2018年11月に講談社ビーシーが編集する子供用の図鑑『はじめてのはたらくくるま 英語つき』に、戦車や戦闘機、潜水艦などの兵器が掲載されているのは問題があると、新日本婦人の会が講談社ビーシー側に申し入れた。

 この申し入れを受けて、講談社ビーシー側は、知育図鑑として適切な表現や情報ではなかった点があると認め、以降の増刷を行わないことを発表した。

 『はじめてのはたらくくるま』という名前と表紙だけを見れば、パトカーや救急車。バスやタクシー、建設重機などが載っていると考えるのが普通である。これに兵器が出てくれば、当然、騙し打ちの感がある。ましてやなぜ車ではない、潜水艦や戦闘機が掲載されているのだろうか? 

 もちろん、中身を確認しておけばいいだけの話ではあるのだが、最近はAmazonなどのネットを通して表紙だけしか見ないで本を買うことも多い。表紙だけを見ると、隊員を乗せた自衛隊用車両が掲載されているが、これはあくまでも車。この流れで同じ自衛隊であっても、車ですら無い潜水艦や戦闘機まで掲載されるとなると、無理やり掲載した感があまりにも強い。

 さて、話し合いの結果を見ると、講談社ビーシー側は「増刷を行わない」ことを決めたという。絶版にするとかリコールにするとかという話ではないので、話し合いは比較的穏当に終わったと思われる。

 本来であればこれで終わりであり、特に何があるという話ではないはずだったのだが、この話し合いの結果に噛み付いてきた人達がいる。それがネットの住民たちだ。

 ネットの住民たちは、この結果に対して「新日本婦人の会という共産党の下部組織が、講談社にカチコミをかけた!」「新日本婦人の会の活動は、自衛隊に対する職業差別だ!」などと騒ぎ出したのである。

 また、中には「新日本婦人の会が表現の自由を踏みにじった!」と主張する人たちもいた。彼らは新日本婦人の会のアカウントにコメントを送ったり、中には電話番号を掲示する人たちもいた。こうした反発に対し、新日本婦人の会は事実を歪める悪質な内容がネットで拡散されているとして抗議し、法的措置を検討しているという声明を出している。

 気になるのは、新日本婦人の会の活動と、それを批判している人たちの「やり方」の差異だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。