メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

職業としての「ラグビー選手」とは【4】

プロ? アマ? セカンドキャリアにも実り

西山良太郎 朝日新聞論説委員

2021年、日本でプロリーグ創設か

ラグビーW杯拡大トップリーグに代わるプロリーグの構想について話す日本ラグビー協会の清宮克幸副会長(左)と境田正樹理事=2019年7月28日

 日本ラグビー協会は7月28日、国内の最高峰であるトップリーグの改革を担当する清宮克幸副会長が、新たにプロリーグを創設する構想を明らかにした。ラグビーの環境と競技レベルをあげるのが狙いだ。今秋のワールドカップ(W杯)日本大会の会場となる12都市を本拠として、2年後の2021年秋に開幕する計画である。

 どんなリーグができるのか?

 チームはどこが参戦するのか?

 そんな疑問が次々とわいてくる。けれど、そもそも、ラグビーにあまり詳しくない人からは、こんな声が出そうだ。

 「ラグビーにはもうプロ選手はいるんじゃなかったっけ?」

 「日本のサンウルブスが参加しているスーパーラグビーはプロのリーグだよね……」

 そこで今回は、ラグビー選手という仕事について書いてみたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

西山良太郎

西山良太郎(にしやま・りょうたろう) 朝日新聞論説委員

1984年朝日新聞社入社。西部(福岡)、大阪、東京の各本社でスポーツを担当。大相撲やプロ野球、ラグビーなどのほか、夏冬の五輪を取材してきた。現在はスポーツの社説を中心に執筆。高校では野球部、大学時代はラグビー部員。

西山良太郎の記事

もっと見る