メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「バッキンガム宮殿採用」装置にダメ出し続々 

ネット注目の#謎水装置 開発者を直撃

長野剛 朝日新聞記者

「配管寿命が40年延びる」に疑問の声

 一部ネット界隈で話題の「#謎水装置」をご存じですか?

 「テレビ東京(中略)で報道」「世界で唯⼀(中略)論⽂発表」そして「英国バッキンガム宮殿採⽤」と、高らかに広告でうたわれる装置がそれ。札幌から福岡まで全国6都市の地下鉄などで、鉄道広告が出されています。

拡大都営地下鉄の車内に掲示されたNMRパイプテクターの広告には「バッキンガム宮殿採用」の文字が=都内

 マンションなどの水の配管寿命を40年以上延ばす、と広告する装置、NMRパイプテクターに今、学識経験者のダメ出しが相次いでいます。今夏にはエンジニアの国家資格である技術士の団体、日本技術士会の千葉県支部(約千人所属)が「有用な効果は生じないと考えられる」との見解を出しました。

拡大JICAが国際援助でNMRパイプテクターを公営水道に取り付けたベトナム・ビンフック省のサイト。JICAとのやりとりを紹介している
 製造・販売する日本システム企画(東京)は反発し、日本技術士会の本部に連絡。本部はいったんサイトから見解文書を取り下げ、扱いを検討していますが、支部メンバーは「内容には自信を持っている」と見解を発表した事実を撤回する気はありません。

 NMRパイプテクターについて日本システム企画は、マンション約3千棟を含む国内外約4100棟に設置したと言っています。見解が本当なら大変です。国際協力機構(JICA)も国際援助でベトナムの公営水道に設置しており、公的・国際的な影響もあるかもしれません。

 設置マンションで将来、水道から錆びた赤い水が出る、なんてことにならないでしょうか? 住民は不安に感じた時、どこに相談すればいいのでしょう?

「専門家の義務として声上げた」

 NMRパイプテクターは公式サイトによると、水道の給水管に取り付けるだけで、下流部で赤さびが発生しなくなる装置です。設置費は配管更新の5~10分の1で、しかも電源すら不要。電気代もかかりません。

拡大日本技術士会千葉県支部がまとめたNMRパイプテクターについての見解。「有用な効果は生じない」(手前)とある
 その通りなら素晴らしい。ですが、日本技術士会千葉県支部で見解の取りまとめを主導した小波盛佳さんは、「電力も使わず、このような磁石だけで、現実に役に立つレベルの効果はあり得ません」と話します。

 小波さんたちは、特許に記された装置の構造を精査したり、現物を分解した人から情報を収集したりして、効果の有無の検証を重ねました。「ご存じない方も多いですが、特許はアイデアが新しいことを認めただけのもので、効果は保証しません」と小波さん。「見解」にはそんな記述も盛り込みました。

 小波さん自身もこれまで、千葉大や鹿児島大の非常勤講師として技術者倫理の教鞭を執ってきましたが、支部はここ数年、研究会を開くなど、倫理課題に熱心に取り組んできました。昨夏、支部長も参加する技術者教育を担当するチームで協議し、一見科学のようで裏付けがない「疑似科学」の問題に取り組もうと決めました。

 「否定するのもばかばかしいと放置したら、世の中にはびこってしまうものがある。そうしたものに向き合うのも、専門家集団の責務」などの意見が出たそうです。

 その第一弾が、NMRパイプテクター。1年間、議論と検証を重ね、7月の支部年次大会で、正式に決定しました。「日の当たらなかった問題に、技術者倫理に重きを置く専門家集団の義務として声を上げた、ということになりますね」と小波さんはいいます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長野剛

長野剛(ながの・つよし) 朝日新聞記者

1997年入社。対話、リテラシー、サステナビリティに関心。2018年春から、朝日新聞フォーラム面を中心に執筆中。2010年、民間療法「ホメオパシー」を巡る一連の検証報道。2007年、アジアの水産事情を巡る連載「水産乱世」。その他、原子力、災害報道等。

長野剛の記事

もっと見る