メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「バッキンガム宮殿採用」装置にダメ出し続々 

ネット注目の#謎水装置 開発者を直撃

長野剛 朝日新聞記者

「最初から最後までおかしかった」

 熊野さんが顧客からの「クレームはない」というNMRパイプテクターですが、「質問状を何度も出した」と言う人はいます。東京都内の大型分譲団地在住の60代男性は2004年、団地管理組合の建築委員(当時)として、NMRパイプテクター設置に立ち会いました。

拡大都内の大型分譲団地に取り付けられているNMRパイプテクター。写真上部中央の配管が膨らんだ部分がそれ=住民提供
拡大都内の大型分譲団地にNMRパイプテクターが取り付けられた工事の際の写真=住民男性提供(写真は一部処理しています)

 取り付け位置は、計32棟の団地全体に水を送るポンプのすぐ下流。全棟の水道管の最上流部です。設置は男性の着任前に決まっていましたが、電気も使わずに「マイクロ波」が出るとの説明に、疑問を感じました。

拡大2004年にNMRパイプテクターを取り付けた都内大型分譲団地の決算書の一部。取り付け費用は750万円だった(写真は一部処理しています)
 特許を見ても納得できず、日本システム企画に何度も質問状を送りましたが、納得いく回答はなし。電話しても、いつも社長は「留守」だったそうです。

 団地では立て替えが課題に上がり、管理組合は14年、施設老朽化のレポートを出しました。そこに載った給水管の内部の写真はさびて真っ赤でした。男性の部屋では今も、さびが混じった赤い水が出ます。「やっぱり、と思いました。最初から最後まで、NMRパイプテクターはおかしかった」

ネット情報、相次ぐ削除

拡大NMRパイプテクターを設置した水道管とされる写真だが、赤さび発生が確認できる。都内大型分譲団地の管理組合が2014年に作成した資料より
 このさびた水道管の写真は15年、この60代男性と共に団地立て替えに反対していた男性がブログに掲載し、NMRパイプテクターは「殆ど効果が出ていない事は明白」などと記していました。ところが今夏、突然そのページが削除されます。

 小波秀雄さんが「理科の探検」に書いた記事も、「理科の探検」のサイトで公開されていましたが8月末に入り、削除(現在は復活)。そして、日本技術士会千葉県支部のサイトにあった「見解」も消えました。

 日本システム企画のサイトを見ると、団地住民のブログも理科の探検の記事も、内容が「誹謗中傷」とされて、「東京地方裁判所の仮処分」で「削除」された、と説明があります。まるで東京地裁が批判を「誹謗中傷」と認めたように読めます。

 実際は? 社長の熊野さんに詳しく聞くと、以下の通りでした。

 ブログも記事も自社への「誹謗中傷」だとして、熊野さんたちは各サイトのプロバイダを相手取り、東京地裁に記事削除の仮処分を申し立て。地裁はプロバイダに申し立ての事実を連絡。プロバイダが記事を削除したので、熊野さんたちは申し立てを取り下げた、と。

 つまり、申し立ては取り下げられたので、東京地裁は判断していません。

 では、自社サイトにある「誹謗中傷と認定」したという文章の主語は、誰ですか?

 「私です」と熊野さん。再度確認すると、裁判所の意向について「弁護士から報告を受けている」とも語りました。

批判に裁判「まだしていないだけ」

 しかし、記事やブログが事実に反し、誹謗中傷というのなら、書いた人を相手取って提訴しても良さそうなもの。裁判を通じ、NMRパイプテクターの効果についても公的なジャッジが期待できそうです。

 なぜ訴えないのでしょう? 熊野さんは「損害賠償(を求める訴訟を)しないとは言っていない。それはいろいろ順番がある」と話します。どんな順番かを聞くと「言う必要はない」と言いました。

 長年NMRパイプテクターを批判している山形大准教授、天羽優子さんは最近、自身のサイトに、20年近くなるのに「直接訴えるということをちっともしてこない会社である」と書いています。効果が司法の場で判断される日はまだ、遠そうです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長野剛

長野剛(ながの・つよし) 朝日新聞記者

1997年入社。対話、リテラシー、サステナビリティに関心。2018年春から、朝日新聞フォーラム面を中心に執筆中。2010年、民間療法「ホメオパシー」を巡る一連の検証報道。2007年、アジアの水産事情を巡る連載「水産乱世」。その他、原子力、災害報道等。

長野剛の記事

もっと見る