メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ポリオ(小児まひ)根絶史。64年五輪前の狂騒曲

武田徹 評論家

患者数が1000人を突破した五輪開催国

 五輪開催を前に小河川の暗渠化や下水整備に弾みをかけようとしていた東京でもポリオは発生した。61年3月13日、東京都中野区で生後11カ月の女児がポリオと診断され ・・・ログインして読む
(残り:約2575文字/本文:約6648文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

武田徹

武田徹(たけだ・とおる) 評論家

評論家。1958年生まれ。国際基督教大大学院比較文化専攻博士課程修了。ジャーナリストとして活動し、東大先端科学技術研究センター特任教授、恵泉女学園大人文学部教授を経て、17年4月から専修大文学部ジャーナリズム学科教授。専門はメディア社会論、共同体論、産業社会論。著書に『偽満州国論』、『流行人類学クロニクル』(サントリー学芸賞)、『「核」論――鉄腕アトムと原発事故のあいだ』『戦争報道』、『NHK問題』など。

 

武田徹の記事

もっと見る