メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

天皇制と闘うとはどういうことか

融通無碍な鈍感さを許さない政治的・歴史的想像力を奪還する

菅孝行 評論家・劇作家

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菅孝行

菅孝行(かん・たかゆき) 評論家・劇作家

1939年生まれ。舞台芸術財団演劇人会議評議員、ルネサンス研究所運営委員、河合文化研究所研究員。著書に『戦う演劇人』(而立書房)、『天皇制論集第1巻 天皇制問題と日本精神史』(御茶の水書房)、『三島由紀夫と天皇』(平凡社新書)、『天皇制と闘うとはどういうことか』(航思社)、編著に『佐野碩 人と思想』(藤原書店)など