メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

あいち芸術祭とNHKで起きた現代版「焚書」事件

「表現の自由への弾圧」を後世のメディア研究者や歴史家はどうみるか?

徳山喜雄 ジャーナリスト、立正大学教授

拡大あいちトリエンナーレが閉幕。主会場の愛知芸術文化センターでは、津田大介芸術監督(中央)らが拍手で閉幕を惜しんだ=2019年10月14日、名古屋市東区

 ドイツの旧東ベルリンにあるフンボルト大学の前にアウギュスト・ベーベルと呼ばれる美しい石畳の広場がある。ここは、かつてナチス・ドイツが、反体制的で頽廃的だと判断した書物を焼きはらった「焚書」の地だ。

 私は壁崩壊から10年がたった1999年にベルリンを訪れ、この広場に立った。石畳の1.2メートル四方が切り取られ、強化ガラスがはめ込まれていた。ガラスを覗いてみると、真っ白な地下室が広がり、四方の壁にはそれぞれ14段の本棚が並んでいた。しかし、棚には本が一冊も並んでいなかった。

 これはイスラエル人のミシャ・ウルマンによる「図書館」という作品だ。ドイツ統一後、ベルリン市が「二度と繰り返さないために」とメモリアル創設を決定し、コンペに招いた24人の美術家の作品から選んだものだという。

 底辺7メートル四方、深さ5メートルほどの何もないベーベル広場の地下の空間には、たえまなく白熱灯が灯されていた。日が落ちて闇に包まれた広場を再訪すると、地表から漏れる白い光が焚書の炎にもガス室の煙にも見え、衝撃を受けたことを昨日のように覚えている。

芸術祭企画展を脅迫で封殺

 愛知県内の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」が10月14日に終わった。

 8月1日の開幕からわずか3日で中止に追い込まれた企画展「表現の不自由展・その後」が閉幕1週間前に再開されるなど、中止・再開で混乱。さらに文化庁が採択していた補助金全額を交付しないことを決めたことも、社会に大きな波紋を広げた。

拡大展示が再開した企画展「表現の不自由展・その後」=2019年10月11日、名古屋市東区
 不自由展には、慰安婦を象徴する少女像や昭和天皇の肖像を燃やす映像作品が展示され、「反日的だ」などとして匿名の抗議が相次いだ。なかには「ガソリンの携行缶を持ってお邪魔する」といった、京都アニメーションの放火殺人事件を連想させる脅迫のファクスも届いた。

 近年、気に入らない作品や言論を、脅迫や恫喝(どうかつ)によって封殺しようとする動きが相次ぐ。今回は、とりわけ政治家による露骨な介入がみられたことが気になった。

 芸術祭実行委員会の会長代行の河村たかし・名古屋市長は8月2日に会場を視察した後、「日本国民の心を踏みにじる行為であり許されない」とする抗議文を実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事に突きつけ、展示中止と関係者への謝罪を求めていた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

徳山喜雄

徳山喜雄(とくやま・よしお) ジャーナリスト、立正大学教授

1984年朝日新聞入社。写真部次長、「AERA」フォト・ディレクターなどを経て、2016年に退社。新聞社では東欧革命や旧ソ連邦の崩壊など共産圏を取材。17年から現職。著書に『新聞の嘘を見抜く』(平凡社新書)、『安倍官邸と新聞』(集英社新書)など。

徳山喜雄の記事

もっと見る