メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

同性婚のその先へ

どんな人も安心して生きていける社会を

増原裕子 LGBTコンサルタント、株式会社トロワ・クルール代表取締役

「誰もが⾃由に、未来を思い描ける社会に」

 先日、「結婚の自由をすべての人に」東京訴訟の、第3回口頭弁論期日を傍聴した。いわゆる同性婚の全国一斉訴訟だ。秋晴れの水曜午後、東京地裁前には、傍聴券を求めてたくさんの人が集まった。前に立ってくれている原告カップルたちを応援しよう。傍聴席を埋めつくすことで、この訴訟への関心が高いことを裁判官へ示そう、という熱気に包まれていた。

 今年のバレンタインデーに始まった同性婚訴訟。筆者自身が同性愛者であり、個人的にも、また社会の大きなイシューとしても注目をしていたのだが、今年の前半は参議院選挙に挑戦していたため、今回が初めての傍聴となった。

 この日は、東京訴訟原告同性カップルの一人であるただしさん(50歳)の意見陳述が行われた。「誰もが⾃由に、未来を思い描ける社会に」と題された、ただしさんの切実な訴えに、満席の傍聴席にはすすり泣きが響いていた。

拡大「結婚の自由をすべての人に」東京訴訟の原告の一人、ただしさん(左端)=2019年10月16日、東京・霞が関の弁護士会館

 「自分は、人間の出来損ないなのだろうか?」「こんな自分なんか、生まれてこなければよかった」といつも思っていたという、思春期の頃。小さな嘘を重ねながら、自身のセクシュアリティを周りにひた隠しにしながら生きてきた30年以上の歳月。そして現在の、かけがえのないパートナーとのささやかで幸せな日常。

 「その⼈の変えることの出来ない属性によって、いじめや差別を受ける。若者が命を落とす」「その⼈の変えることの出来ない属性によって、⾃分の好きな⼈と結婚することができない。平等の権利が与えられない。他の⼈よりも劣った⼈間のように扱われる」「そういう時代はもう、私たちの世代で終わりにしたいのです」

 静かに落ち着いた口調で、しかし切々と語られたメッセージに、筆者も涙をこらえることができなかった。筆者は今でこそ社会的にもカミングアウトして、さまざまな発信をしているが、孤独に悩み苦しんだ思春期や20代の頃は、「自分は透明人間のような存在だ」という思いがぬぐえなかったのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増原裕子

増原裕子(ますはら・ひろこ) LGBTコンサルタント、株式会社トロワ・クルール代表取締役

 LGBTアクティビスト/コンサルタント。株式会社トロワ・クルール代表取締役。2011年よりレズビアンであることをオープンにして社会に対して積極的に発信をしている。2015年渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号(2017年末にパートナーシップ解消)。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院修士課程修了、ジュネーブ公館、会計事務所、IT会社勤務を経て起業。ダイバーシティ経営におけるLGBT施策の推進支援を手がける。経営層、管理職、人事担当者、営業職、労働組合員等を対象としたLGBT研修・講演の実績多数。著書、共著書に『ダイバーシティ経営とLGBT対応』『同性婚のリアル』等5冊がある。2019年参院選に京都選挙区で出馬、次点で落選するも、「だれ一人取り残さない社会」を目指して幅広く活動している。ツイッターは https://twitter.com/masuhara_hiroko