メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

65年ぶり前半4失点の屈辱は兼任の限界か教訓か

森保ジャパン国内最終戦の見方

増島みどり スポーツライター

拡大対ベネズエラ戦の前半、選手を鼓舞する森保一監督

国際Aマッチでは、1954年以来の前半だけの4失点

 2022年W杯カタール大会アジア2次予選で、キルギスに勝利(2-0)し予定通り全勝ターンでグループFの首位に立ったわずか5日後、今度は惨敗にブーイングを浴びる結果となるのだからチームとは分からないものだ。

 11月19日、大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われた「キリンチャレンジ杯」で、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング28位の日本代表は、同26位のベネズエラに前半だけで4失点と崩れ、1-4で惨敗した。国際Aマッチ(代表戦)の前半だけで4失点を喫したのは、1954年のアジア大会(対インドネシア)以来実に65年ぶりとなる。

 キルギス戦後、ヨーロッパでプレーする9選手がそれぞれ帰国し、先発も同試合から8人変更された。一方で、ベネズエラ戦先発11人全員が、キルギス戦にも選出、またはプレーもしている。トレーニングを共に行っていただけに、「時間がなかった」、「連携不足」、「経験の浅い選手が力を出せなかった」といったお決まりの言い訳が通用しない分、ショックは大きい。

 4バックをベースにするDFラインは、左から長友佑都、吉田麻也、負傷中の冨安健洋、酒井宏樹が欧州に戻り、佐々木翔、畠中慎之輔、室屋成のJリーガー3人とキルギス戦にも先発した植田直通(ベルギーのブルージュ在籍)に変更された。立ち上がりの前半8分、浮足立ったままFW・ロンドンに振り切られて失点すると、同30、33、38分とわずか8分間で3失点とまるで傍観者のような試合展開に。声をあげてチームを鼓舞しようとする選手もいなかった。

 「責任は、準備段階から私の働きかけ(が悪かった)にある。反省しないといけない」

 キルギスから帰国後、U-22の親善試合(対コロンビア、0-2)に直行し、指揮を執ってから大阪に合流した森保一監督(51)は試合後、唇を真一文字に結んでそう答えた。厳しい日程での疲労なのか苦悩か、監督の表情も5日前とは一変していた。

 昨年のW杯ロシア大会をピッチで経験し、現代表では中心となるべきMF柴崎岳、原口元気はともに所属クラブは2部で、それでも出場機会がない。森保ジャパン発足以降「三銃士」の1人として評価をされてきた中島翔哉も、強豪「ポルト」に移籍したが現在出場機会がない。前半で4失点したDF3人はシーズン終盤のJリーグを戦っている。クラブでの立ち位置、日本代表としての存在感、目指す方向性がチグハグなまま、またそれを修正できずに終わった試合に収穫はない。しかし、教訓は見つかる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの記事

もっと見る