メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[36]「無事に年が越せる」安心をすべての人に

「年越し大人食堂」開催へ

稲葉剛 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

拡大東池袋中央公園で行われた炊き出し=2014年12月27日、東京都豊島区、北村玲奈撮影

 「ふだんは派遣の仕事をしながらネットカフェで寝泊まりをしているが、年末年始の休みに入って収入がなくなり、路上生活になった。途方に暮れて、サンシャインシティの中をうろうろしていたら、窓越しに下の公園で炊き出しをやっているのが見えたので、おそるおそるのぞいてみました」

 「仕事がなくなる年末年始に備えて、1週間分のネットカフェ代を貯めてきたが、マクドナルドの店内でウトウトしている間に、スリに遭ってしまった。どうしたらいいのか、わからない」

 年末年始になると、このような相談が私たちホームレス支援団体のもとに寄せられるようになる。普段は仕事をしながら、ネットカフェ等に暮らしている人たちの中から、所持金が尽き、この時期だけ野宿をせざるをえない人が出てくるのだ。

 2017年に実施された東京都の調査では、都内のネットカフェ、漫画喫茶、カプセルホテル、サウナ、24時間営業の飲食店等に暮らしている人は約4000人と推計されている。そのうち約3000人が派遣、契約、パート・アルバイト等で働く非正規労働者で、働いている人の平均月収は約12万円である。東京で賃貸住宅を借りて、家賃を毎月払うのは難しい金額だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

稲葉剛

稲葉剛(いなば・つよし) 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事。住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人。生活保護問題対策全国会議幹事。 1969年広島県生まれ。1994年より路上生活者の支援活動に関わる。2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立。幅広い生活困窮者への相談・支援活動を展開し、2014年まで理事長を務める。2014年、つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者への住宅支援事業に取り組む。著書に『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)、『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』(エディマン/新宿書房)、『生活保護から考える』(岩波新書)等。

稲葉剛の記事

もっと見る