メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

小学校はやはり学級担任制で~現役教師からの提言

小学5・6年生を教科担任制にする議論が進む今、子どもを支えるために考えてほしい

明智 千暁 小学校教員

学級担任制がもつ機能

 2019年12月、中教審初等中等教育分科会は、2022年度から小学5・6年生に「教科担任制」を導入する方向で論点を取りまとめた。教科ごとに担当教員が決められ一人の教員が複数の学級で授業を行う、中学・高校で採用されているスタイルだ。

 これに対し小学校では、1人の教員が全てかほとんどの教科を教える「学級担任制」がとられてきた。

 教科担任制導入の背景には、来年度から小学5・6年生は週2時間の外国語の授業が始まることに加えて、プログラミング教育をはじめICTを活用した指導の充実が進められることにより、これまでにも増して高い専門性が求められるようになることが挙げられる。また、働き方改革に伴う教師の負担軽減などもある。

 教科担任制の導入に対する受け止めは、おおむね肯定的だ。

 学級担任制は学校に入って間もない小学1・2年生なら必要だが、学校生活に慣れた5・6年生であれば必ずしも必要ないのではないか。

 教科担任制を採用することで外国語をはじめ、教科の専門性をもった先生の授業を受けられるし、各教科のたくさんの先生たちに見てもらえる。

 教育現場においても、教科担任制が導入されれば受け持つ授業時間が減り、これまで十分に時間をとることのできなかったことに時間を使えると考える教員もいる。自分の家族と過ごす時間を増やせるかもしれない。背に腹は代えられないという思いから、教科担任制を受け入れてもいいのではという気持ちに傾く者もいる。

 しかし、私は現役の公立小学校教員として、学級担任制が5・6年生の子どもたちを支えてきた機能は無視できるほど小さいものではない、と感じている。このまま教科担任制を導入しては、学級担任制がもつ子どもたちのセーフティネットとしての機能が失われてしまうというのが私の考えだ。

 この考えは、実際に学級担任として子どもたちと接してきた中から生まれたものである。

 これまでの学校制度を見直し、よりよい制度を目指していくことは必要だ。だからこそ、教科担任制を導入することによって生まれるメリットと引き換えに、失われてしまうものはないのか、私たちは適切に把握しなければならない。

 この記事では、「つばさ」(仮名)という一人の子どもの物語を通して、現在の学級担任制がいかに子どもたちを支えているかを語ってみたい。

拡大maroke/Shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。