メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「明治神宮をつくった男」渋沢栄一の葛藤

自明ではなかった「天皇+神社」の結びつきを絶対化させた歴史の皮肉

平山昇 九州産業大学准教授

明治神宮鎮座100周年

 今年(2020年)は明治神宮外苑ゆかりの地に建設された新国立競技場を主会場として東京でオリンピックが開催される年であるが、東京・代々木の明治神宮(内苑)で鎮座祭が行われてからちょうど100周年にあたる年でもある。

 1920(大正9)年11月1日の午前からおこなわれたこの鎮座祭には、原敬首相をはじめとする政財界の主だった面々が数多く参列した。鎮座祭のあとは正午から東京府主催の奉祝会、夜には明治神宮奉賛会会長の徳川家達が主催する晩餐会が開かれた。

拡大初詣でにぎわう現代の明治神宮。初詣参拝客数は例年300万人を超え、全国最多を誇る

内苑と外苑に対する渋沢の〝温度差〟

 ところが、この記念すべき日に姿が見えない人物がいた。渋沢栄一である。

 「日本資本主義の父」とも称される渋沢は明治神宮を創建する運動を推進した中心人物であり、明治神宮奉賛会の副会長として外苑のための献金募集に尽力した大功労者であったが、この日は体調不良のため自宅に「引籠」っていた(以下、渋沢については主に『渋沢栄一伝記資料』による)。体調不良によるやむをえない欠席だったのであろうが、奇妙なことに、これにかぎらず渋沢は内苑造営の節目となる行事をほとんど欠席している。鎮座祭後も内苑を訪れることはめったになかった。しかも、内苑についてほとんど語ってもいない。

 一方で、渋沢は、神社以外の記念施設がもうけられた外苑については、地鎮祭も奉献式も参列している。また、外苑の明治聖徳記念絵画館には壁画を献納したが、これに深い思い入れを抱いていたことは彼の発言から明らかである。

 新1万円札の顔になることや2021年NHK大河ドラマの主人公になることが決まるなど、今や渋沢顕彰ブームのまっただなかである。その渋沢が造営に尽力した明治神宮が鎮座100周年を迎えるとあって、今年は「明治神宮をつくった渋沢」を礼賛・美化するストーリーが大量に流通することになるだろう。

 だが、上でみたように、明治神宮にかかわる渋沢の行動や発言をたどると、彼のなかには内苑と外苑に対する〝温度差〟があったことがみえてくる。渋沢が強く関心を持ち続けたのは、絵画館やスポーツ施設など「文明・進歩」を体現した外苑のほうだった。それはいったい何を意味するのだろうか?

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

平山昇

平山昇(ひらやま・のぼる) 九州産業大学准教授

1977年長崎県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。立教大学兼任講師などをへて、九州産業大学地域共創学部観光学科准教授。著書に『初詣の社会史 鉄道と娯楽が生んだナショナリズム』(東京大学出版会、第42回交通図書賞受賞)、『鉄道が変えた社寺参詣』(交通新聞社新書)など。