メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「子どもの声が低くなっている」は本当か

同じ学校の継続調査はほぼなし、「潜在能力を引き出せていないだけ」という指摘も

川本裕司 朝日新聞記者

エビデンスが示された研究はない

 同じ幼稚園や小学校で継続的に子どもの声域を調査してきた事例がほとんど報告されていないこともあり、「子どもの声自体が低くなったというエビデンスが示された研究はない」と、林良子神戸大教授(音声学)は語る。

 声域は声の出し方の訓練によっても大きく変わる。林教授が神戸市内の小学校の音楽会で変化を感じているのは、

・・・ログインして読む
(残り:約939文字/本文:約2329文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

川本裕司

川本裕司(かわもと・ひろし) 朝日新聞記者

朝日新聞記者。1959年生まれ。81年入社。学芸部、社会部などを経て、2006年から放送、通信、新聞などメディアを担当する編集委員などを歴任。著書に『変容するNHK』『テレビが映し出した平成という時代』『ニューメディア「誤算」の構造』。

 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

川本裕司の記事

もっと見る