メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

HPVワクチンと名古屋スタディ/上

3万人調査の結果は「子宮頸がんワクチンと接種後の症状に関連はなかった」

鈴木貞夫 名古屋市立大学大学院医学研究科教授(公衆衛生学分野)

日本初となる大規模全数調査

 すでに述べた通り、私がこの件に関わりだしたのが2015年4月なので、それ以前のことは事後に聞いたり調べたりしたものである。

拡大子宮頸がんワクチン、7万人調査の協力を呼びかけるアイドルグループ、OS☆Uのメンバー= 2015年9月13日、名古屋市

 時系列では、2010年10月に名古屋市独自事業でHPVワクチン全額助成が開始され、2013年4月、予防接種法に基づく定期接種になった。しかし、その頃から

・・・ログインして読む
(残り:約6288文字/本文:約7328文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木貞夫

鈴木貞夫(すずき・さだお) 名古屋市立大学大学院医学研究科教授(公衆衛生学分野)

1960年岐阜県生まれ。名古屋大学医学部卒業、名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了(予防医学専攻)、Harvard School of Public Health修士課程修了(疫学方法論専攻)。愛知医科大学講師、Harvard School of Public Health 客員研究員などを経て現職。2006年、日本疫学会奨励賞受賞