メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

五輪開催の国際的信用に関わる、新型肺炎への対応

楽観論から一転、スポーツ界も大会中止の連続に

増島みどり スポーツライター

選手選考、ファン、市民スポーツにも大きな影響

 すでに多くの競技団体、選手に影響は出ている。

 8日、サッカーJリーグは新シーズンの幕開けを告げる「ゼロックススーパーカップ」を埼玉スタジアムで開催。コロナウイルスの感染拡大が伝わるようになって、前売りの勢いが若干鈍ったために心配された観客数も、当日は過去でも記録的な5万1397人に。5万人超のビッグイベントが、シーズン開幕を控えるJリーグ各クラブ、またプロ野球、多くのスポーツイベントの「前例」ともなる点をも重視し、Jリーグ村井満チェアマンは緊張感を持って対応に当たった。

・すべてのゲートに消毒液の設置
・厚労省との連携で、一般的な予防を告知するビデオを場内で上映
・ボランティア、リーグ関係者、メディアへのマスク提供と着用の依頼

 これら予防の観点に加え、もし場内で発症するなど体調不良を訴える観客が出た場合に備え、医師、看護師、待機する救急車を通常の倍とした。

 チェアマンは「医学的な情報を積極的に集め、全クラブに発信し、21日からの開幕に備える。同時に他のスポーツ団体との連携を取る必要は出てくるかもしれない」とスポーツ界も、それぞれのイベント、競技でそれぞれが対応をするより、横の連携でひとつの基準を共有する必要性があると先を見る。

 五輪を目指す選手たちにも深刻な影響が出ている。1月中に中止が決定した陸上のアジア室内選手権(2月12、13日、中国浙江省杭州)に続き、

・・・ログインして読む
(残り:約1260文字/本文:約2803文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る