メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

猛暑の中で開かれる「甲子園」をこのまま続けていいのか?

熱中症にどう対応するか?「甲子園」が変わると日本のスポーツへのメッセージになる

中小路徹 朝日新聞編集委員

拡大昨夏の第101回全国高校野球選手権大会=2019年8月6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、朝日新聞社ヘリから、井手さゆり撮影

 今夏に予定される東京五輪のマラソンと競歩の開催地が、東京から札幌へと変更された。理由は「猛暑」だった。

 これは、毎年、猛暑の中で開かれる全国高校野球選手権大会(「夏の甲子園」)を、このまま続けていいのかという課題をいっそう突きつけていると思う。

 私は、スポーツ活動中の事故防止や部活動改革といったテーマを、競技を越えて横断的に取材してきている。その立場から、この問題を考察してみたい。

14日間の開会期間中「運動は原則中止」が9日間

 事前にご理解いただきたいのは、この論考では、私の務め先である大会主催者の朝日新聞社と、日本高校野球連盟への忖度(そんたく)は一切しない一方、内容は記者としての一意見であり、会社を代表するものではないということだ。

 では、まず夏の甲子園が行われている環境の整理から始めよう。

 日本スポーツ協会は熱中症防止の指針として、気温、湿度などから計算する総合的な暑さ指数(WBGT)が25度以上28度未満では、「激しい運動は30分おきに休息」の警戒レベル、28度以上31度未満は、「激しい運動や持久走は避ける」の厳重警戒レベル、31度以上では「特別の場合以外、運動は原則中止」としている。

 環境省の観測地で甲子園球場から最も近い大阪市の昨年8月のWBGTをみると、14日間の試合開催日のうち、「運動は原則中止」の31度以上は9日あった。残りの5日も、厳重警戒レベルに達していた。

 さて、どうするべきだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中小路徹

中小路徹(なかこおじ・とおる) 朝日新聞編集委員

1991年、朝日新聞社入社。主にスポーツ部でサッカーを担当し、2002年の日韓ワールドカップでは、ソウル支局で韓国サイドを担当。13年からは部活動改革、暴力的指導、スポーツの事故防止など、競技を横断したテーマで取材をしている。15年から編集委員。著書に『脱ブラック部活』など。

中小路徹の記事

もっと見る