メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

マラソン界初の選考法MGC約3年で全て終了、真価は五輪本番で判明

国内最高、日本歴代4位で代表を決めた 一山の恐るべきノックアウトパンチ

増島みどり スポーツライター

30㌔まではジョグ ネガティブスプリットと‘あがり’が日本記録更新の手形に

 「こんな言い方は変ですが、30㌔まではジョグ(ジョギング)みたいな感じで・・・(3分20秒の設定ペースより早くなっても)ヨシヨシって感じでした」

 レース後「フフフ」と、クビをすくめて笑った。2時間20分29秒は、国内の最高記録だった野口みずきの2時間21分18秒を49秒も上回る。しかしさらに目を見張るのは、野口、高橋尚子がそれぞれベルリンでマークした日本記録(当時)を「上回った」パートだ。

 まずネガティブスプリット。悪条件のもと、一山はペースメーカーが風よけの役割も果たしていた前半ハーフを1時間10分26秒で通過。一人旅になってからの後半を1時間10分3秒でカバーし、42㌔の後半を23秒速く走った。後半を速くまとめる走りを「ネガティブスプリット」と呼び、こうした走り方が世界で戦うための標準とされる。黄金期を支えた歴代記録、野口の日本記録2時間19分12秒、2位渋井陽子の2時間19分41秒、3位高橋の2時間19分46秒もネガティブスプリットではなく、前半の貯金を最後までキープしたものだった。

 次にラスト2.195㌔でランナーの底力を示す‘あがり’と言われるパート。当時日本記録保持者となった3人を圧倒する7分13秒と、

・・・ログインして読む
(残り:約1381文字/本文:約2860文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る