メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

2021年WBCと東京オリンピックの野球代表は別の選手を選べ

WBC28人とオリンピック24人を独断で選出する

小関順二 スポーツライター

 7月24日の開催が予定されていた東京オリンピック、8月25日に開催予定だったパラリンピックが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)への配慮から来年夏に延期されることが決まった。この決定を受けて今季のプロ野球がどのように行われるのか、また来年以降に開催されるオリンピックやWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)にどのような影響を与えるのか考えてみたい。

 プロ野球は当初、4月24日の開催を目指していた。もしこの日の開催が実現できれば、それまでの失われた試合数は昨年実績でセ・リーグ63試合、パ・リーグ62試合。これは大きな損失だが、オリンピックの開催が来年に延期されたため、両リーグとも中断が決まっていた24日分(7/21~8/13)を損失分に補填できる。この24日間の試合数が昨年実績でセは63試合、パは59試合である。CS(クライマックスシリーズ)の廃止など考えなくても十分に日程を消化できる計算だったことがわかる。

 4月24日開催はこれらの数字をもとに考えられた日程だと思うがこれも再延期が決まり、斉藤惇NPB(日本野球機構)コミッショナーは「4月下旬、5月上旬に日程を決められないかなと思っている」と弱気な言葉を洩らしているが、新型コロナウイルスの猛威が終息に向かわなければこれだって絵に描いた餅で、6月開幕という声もある。

斉藤惇・NPBコミッショナー(左)はプロ野球の開幕で難しい決断を迫られる拡大斉藤惇・NPBコミッショナー(左)はプロ野球をいつ開幕するか難しい決断を迫られる

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小関順二

小関順二(こせき・じゅんじ) スポーツライター

1952年、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部卒。ストップウォッチを用い、プロ・アマ合わせて年間300試合以上を取材。『大谷翔平――日本の野球を変えた二刀流』(廣済堂出版)、『「野球」の誕生』――球場・球跡でたどる日本野球の歴史』(草思社文庫)、『プロ野球 問題だらけの12球団』(草思社、2000年より毎年刊行)など著書多数。