メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

臨時休校から1カ月半、学校は今

ずっと変わらなかった「当たり前」が変わっていく好機に

住田昌治 横浜市立日枝小学校校長

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために臨時休校が始まって1カ月半が過ぎました。当初は「3月2日から春休みまで」と首相の要請で始まった臨時休校、横浜では独自の判断で3月3日から13日までと期間を区切っていましたが、結果的には春休みまで延長になりました。

 まさか全国一斉に、しかもあまりにも急に休校の要請が出され、学校現場は完全に振り回され、対応が指示待ちで後手後手になっていました。その間に行われた卒業式や修了式も、文部科学省や教育委員会からの通知に沿った形で行われました。

再開後の教育課程の再編成は

拡大たのしい小学校生活がはじまるはずだったのに

 4月、新学期は心機一転、明るい気持ちで迎えようと思っていたのですが、入学式、始業式はできるだけ「三密」が重ならないように配慮しながら短時間で簡素化して行ったものの、すでに4月8日から20日まで休校が延長されることになっていました。そこで、休校中の分散登校日を計画し、21日からの再開に向けて準備をしていましたが、横浜市から出された「緊急事態宣言の発令に伴う市立学校における一斉臨時休業」の通知によって、さらに5月6日までの休校が決まりました。次々と延長される臨時休校、本当に5月7日から学校再開できるのでしょうか。

 そして、4月13日からは、職場での感染拡大防止のために、横浜市からの「臨時休業中の教職員の自宅勤務」の通知によって、「学校長が必要と判断した場合は、職務命令によって自宅勤務させることができる」ようになりました。

 小学校・特別支援学校は7割が自宅勤務に、中学校・高等学校は8割が自宅勤務にと、さらなる対応が求められています。しかし、小学校では、1年生から4年生、特別支援学級の緊急受け入れと校庭開放(全学年 日程と時間を学年ごとに指定)を実施しているため、学校の実情に応じて対応しています。

 まずは、子どもたちと職員の命と安全を第一に考えていかなければなりません。とは言え、休校が続くと子どもの学習面や生活面で大きな弊害が生まれていないかと不安なります。また、これだけ授業日数が少なくなると、学校再開後の教育課程の再編成をどのように行っていくのかも大きな課題になってきています。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

住田昌治

住田昌治(すみた・まさはる) 横浜市立日枝小学校校長

 2010年~2017年度横浜市立永田台小学校校長。2018年度~横浜市立日枝小学校校長。 ユネスコスクールに加盟し、ホールスクールアプローチでESDを推進。独自の切り口で実践を重ね、書籍や新聞等で取り上げられる。2015年度は、「もみじアプローチ」でESD大賞小学校賞を受賞。「円たくん」開発など、子どもや教師が対話的・能動的に学習参加し、深い学びにいたるために有効なツール開発と商品化にも積極的に関わる。  ユネスコスクールやESD・SDGsの他、学校組織マネジメントやサーバントリーダーシップ、働き方等の研修講師や講演、記事執筆等を行い、元気な学校づくりで注目されている。  ユネスコアジア文化センター事業推進委員、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会会長、神奈川県環境教育研究会会長、全国小中学校環境教育研究会理事、未来への風プロジェクトメンバー、教育長・校長プラットフォームメンバー、横浜市ミニバスケットボール連盟参与を兼務。  著書に「カラフルな学校づくり~ESD実践と校長マインド~2019」(学文社)

住田昌治の記事

もっと見る