メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナと徴兵制

韓国や台湾の封じ込めから日本は何を学べるか

清義明 ルポライター

軍隊と疫病対策

 21世紀になってから軍事分野で特に注目されてきたのはバイオテロである。伝染病などをつかったテロは、被害は小規模にとどまるとはいえ、世界で頻発してきていたからだ。その先駆けとなったのは日本のオウム真理教事件であるが、古代ギリシアの昔から、細菌兵器(生物兵器)といわれるものは使われてきた。旧日本軍の731部隊もこのひとつである。

 伝染病対策という観点からいえば、

・・・ログインして読む
(残り:約4657文字/本文:約6048文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

清義明

清義明(せい・よしあき) ルポライター

1967年生まれ。株式会社オン・ザ・コーナー代表取締役CEO。著書『サッカーと愛国』(イースト・プレス)でミズノスポーツライター賞優秀賞、サッカー本大賞優秀作品受賞。

清義明の記事

もっと見る