メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

コロナ禍と生死に伴う医療従事者自らの身のふり方

地域医療、災害医療に心血を注ぐ医師が感染しても人工呼吸器を装着しない理由

古屋聡 山梨市立牧丘病院 医師

妻と息子へ「お父さんは酸素投与だけで人工呼吸器は希望しない」

 いまの悩みどころは「原則A」の「年の順」である。自分が父や母より先に逝ってしまうのは親不孝であるし、なおかつ父や母、実家のことを妻などに任せていくというのも申し訳ない。上記の「結論B」の部分で述べた、たとえばがんに対する治療でも、(まだ実際にはがんになっていないのだが)父や母を先に送るまで頑張ろうかな、とも思って悩んでいた。

 ところが今回のコロナ禍である。当院は地域の小病院であって新型コロナウイルスの「陽性」患者をメインに診ていく病院ではもちろんないし、病院の構造からも軽症の新型コロナウイルス患者を入院で受け入れるのには適さないとされている(県の専門家に指導助言してもらっている)。しかし、たとえば介護の必要な濃厚接触者などを生活の場から隔離して収容したりする役割を果たす可能性はあるし、地域の2次救急病院として、外来でも感染を疑う患者が来院するし、救急搬送されてくる場合もある。そのため必要な場合は保健所と相談してPCR検査も実施している。

 さらにこれから東京に続いてオーバーシュートが起こってしまうと、地域内の感染症指定病院に手伝いに出るかもしれないし、隔離施設に訪問診療をする必要がでるかもしれないし、適さないといわれながらも軽症の新型コロナウイルスの患者を入院で診なければならない可能性も生じる。

 そうでなくても地域内で唯一の在宅療養支援病院であり、在宅患者の発熱などには随時対応していく必要もある。

 ということで、自分は医療従事者の中で新型コロナウイルスに罹患(りかん)した患者を診て感染する「危険率」が格別に高いわけではないが、やはり一定以上のリスクは生じる。

古屋聡さんの選択拡大実は訪問しながらのオンライン診療に向けても準備中=提供写真

 ついでにいえば、当地の保健所の電話相談において「帰国者・接触者外来」にはつなげない、PCR検査の適応の可能性が低い人、PCR検査で「陰性」が確認されたが症状が長引いている人、また著しい精神的不調となり頻回に保健所の電話相談を利用する人などといった保健所電話相談の対応が困難な事例について、保健所から紹介されて直接相談にのっている。またこれを機会に、オンライン診療の仕組みも整えつつある。

 ちなみに家族でこの話をしたのは4月上旬。山梨は東京の感染者増大というタイミングが合う形で感染者数が急上昇しようとしていた。また3月末に、山梨県の地域医療計画で位置づけられる「2次医療圏」(基本的な入院医療までができる医療提供体制の整備を目指す県の計画上のエリアである)の人口約7万人の「東山梨地域」でもクラスターが発生し、計8人の新型コロナウイルス感染症の患者が出ていた。(4月24日夕現在、山梨県感染者数51人)

古屋聡さんの選択拡大不足する衛生資材。代用品を使いながら治療を試みる牧丘病院。全国の医療機関では治療や入院後に感染がわかるケースがあり、牧丘病院でもリスクを下げる努力をしている=提供写真

 そこで冒頭に書いたような知り合いの医師による「ECMO」への発言があったのだ。それを見たとき、ちょうど家にいて、妻と東京の大学に行っていてこのコロナ禍により体育会の寮から一時退去要請が出て自宅に帰っていた息子がいた。

 良い機会なので、妻と息子に切り出した。

 「大事な機会なので言っておきたいが、いまはコロナウイルス感染の拡大期にある。お父さんも、コロナにかかりたくはないが、かかってしまう可能性もある」

 「これはお母さん(妻)も〇〇(息子の名前)も確率は違うかもしれないが同様の可能性がある」

 「もしもお父さんがかかってしまった場合、高血圧もあり、高齢者ほどではないかもしれないが重症化するリスクもある」

 「もしかすると呼吸が困難になって、人工呼吸器じゃないと生命が維持できなくなるかもしれない」

 「ただお父さんはそういう場合にも酸素投与だけで、人工呼吸器につながることは希望しない」

 「つまり運命は受け入れたいんだけど、それでいいかね」

 妻は即答だった。

 「いいじゃんそれで」

古屋聡さんの選択拡大急きょ発熱患者待機室として使用しているレントゲン透視室=提供写真

自分たち夫婦の「選択」を息子と情報共有

 別の事情であるが、実は一昨年、妻は父と母を相次いで亡くしている。義父は産婦人科医師で、義母はその父の仕事(医院)を支えながら家を守っていたわけだが、長く喫煙者だった義父がリタイアした後は急速に体が弱り義母の介護を受けていた。

 たびたび入院する中で、順番的には義母が義父を介護して看取って後に残るだろう、というのは、妻の兄弟も僕たちその配偶者も共通の認識だった。ところが、義母がいきなりの急病で逝ってしまったのである。自分の妻の死に目に会えなかった義父(妻も義母の死に目には間に合わなかった)は療養病棟の人となった。妻の実家のある青森から山梨に来てもらった。義父は生きる気力を失ったようで数ヶ月後に逝った。さらには可愛がっていたわが家の犬「Qoo」もその年の末に亡くしたのだった。

 僕は妻にも聞いた。

 「お母さん(妻)は(人工呼吸器)どうする? 決めているか?」

 これも即答だった。

 「自然でいいと思う、それが人間だから」

 僕は妻の経験からも、そう答えることがすごく納得がいったし、自分のことも改めて聞いておいてよかったと思った。

 そして息子に、こう告げた。

 「お父さんとお母さんは、今の話のように、もしコロナウイルスに感染しても、あるいは他の病気や事故でも、呼吸ができなくなったからといって人工呼吸器につながることは希望しない。それを承知しておいてくれ。お姉ちゃんたちにも直接話すから」

 息子は「わかりました」といった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古屋聡

古屋聡(ふるや・さとし) 山梨市立牧丘病院 医師

1962年、山梨県生まれ。自治医科大学を卒業後、山梨県立中央病院で初期研修を経て、牧丘町立(当時)牧丘病院に勤務。その後、塩山市立(当時)塩山診療所を経て、2006年から山梨市立牧丘病院に勤務。08~17年は院長。東日本大震災から台風15号19号災害まで被災地の医療をサポートする災害医療にも仲間の医療関係者とともに力を注ぎ、通称「ふるふる隊」のリーダーとして知られる。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

古屋聡の記事

もっと見る