メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

楽天のPCR検査キットは医療崩壊のトリガーを引くか?

「心配だから」「念の為に」で大量の偽陰性者・偽陽性者が生み出される

桑満おさむ 医師・五本木クリニック院長

陽性と判定された場合、医療崩壊が加速する危険が

 感染していないのに感染していると判定されることが「偽陽性」である。偽陽性率は特異度と関係は以下のように

・・・ログインして読む
(残り:約3184文字/本文:約4017文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

桑満おさむ

桑満おさむ(くわみつ・おさむ) 医師・五本木クリニック院長

1986年、横浜市立大学医学部卒業。横浜市立大学医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年2月、東京都目黒区に五本木クリニック開院。著書に『“意識高い系"がハマる「ニセ医学」が危ない!』(扶桑社)。ブログは「五本木クリニック院長ブログ」。