メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

続々と再開する各国スポーツは、トンネルの出口を照らすか

増島みどり スポーツライター

拡大5月中旬に再開するドイツ1部リーグで首位を走るバイエルン・ミュンヘンのキミヒ(右)=ロイター

台湾プロ野球1000人規模の観客動員へ コロナ対策に続きスポーツでも世界の先端に

 5月11日、NPB(野球機構)、Jリーグ、コロナウイルス感染症拡大予防に関する専門家を交えた7回目の連絡会議が行われ、政府の緊急事態宣言発令中の開幕、再開の議論は難しい状況が3者で確認された。また、14日の政府の専門家会議の提言後、緊急事態宣言の全面的な解除、或いは段階的な緩和に伴い、プロ野球、Jリーグとも、専門家と、感染予防や移動などのリスクについて詳細な試合実施のためのガイダンス、選手についてどういった検査を行えるかなど、具体案を作っていく方針も固めた。

 日本スポーツ界がこうしたまだ準備段階での模索を続けるなか、新型コロナウイルス対策で世界の「優等生」と高い評価を集めた台湾はトップを切って動き出した。台湾プロ野球(CPBL)は5日、すでに4月12日から無観客でスタートしていた公式戦で、8日から1000人規模の動員を段階的に進めると発表。日本だけではなく、再開を模索する世界中のスポーツが、目指す方向に明かりを灯し始めた。

 1000人動員のための予防対策は徹底している。台湾野球連盟の発表では、観客は切符購入の際に、氏名だけではなく渡航歴など個人情報の提供、座席はあらかじめ大きく間隔を取られた場所が指定され、マスクの着用、入場の際の検温が義務付けられる。野球観戦の楽しみのひとつ、ファウルボールをキャッチするための移動も禁止される。

 「台湾のファンと社会、そしてスポーツを待ち望む世界中のファンに必ずこういう日が来ると伝えたい」(呉志揚コミッショナーのコメント)と厳格な対応にもファンは大歓迎しているという。

 やはりコロナへの予防対策で成果をあげた韓国では、5日にプロ野球(KBO)が開幕し、続けて8日にサッカーKリーグが始まる。タジキスタン、トルクメニスタンなどを除き、世界中でサッカーが長期休止に追い込まれ、フランスではリーグ打ち切りが決定される状況下で、Kリーグの開幕には世界中からかつてない注目が集まる。当初は予定になかったリアルタイムでのストリーミングサービスで全世界に配信することが急きょ決まった。世界中の関係者が試合だけではなく「サッカーと新型コロナウイルスの共存」といった、初めて目にするスポーツの在り方に高い関心を抱いている証だ。

 「世界のサッカーファンにKリーグ開幕を知らせ、新型コロナ克服の希望を伝えるための広報プロモーションだ」と、Kリーグは6日に発表。改訂版とした感染予防のマニュアルは、試合とウォームアップ以外はマスク着用、ベンチでの距離など詳細で、実際に各国のリーグからマニュアル共有の依頼が殺到しているという。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの記事

もっと見る