メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

対馬のカワウソ再発見は、広い意味での「ニホンカワウソの復活」だ

「世界カワウソの日」に考える野生動物保護と自然環境の未来

熊谷さとし カワウソ研究会共同代表

 今年の5月27日(5月の最終水曜日)はイギリスのInternational Otter Survival Fund(国際カワウソ保護基金)がカワウソの保全を啓発するために定めた「世界カワウソの日」だ。

 私はカワウソを調査・研究・観察して30年――韓国・カナダ・サハリンといった外国でしか観察できなくなっていた――もともと日本に生息して民話や妖怪になって、日本文化に溶け込んでいたカワウソは、わざわざ外国まで行かないと見られなくなってしまった。2012年、環境省はニホンカワウソの絶滅宣言をする。

 2017年3月、東京動物園協会と共催で、友人の韓国の研究者たちを招聘して「~韓国と日本~ カワウソのたどってきた道」というシンポジウムを開催した。これは私の、けじめ、思い切りであり、絶滅させてしまったニホンカワウソへの謝罪の思いがあったからだ。

 たまに国内での目撃情報があっても、ヌートリアだったり、ハクビシンであったり・・・そんな時、2017年8月! とんでもない情報が飛び込んできた! 謝罪した途端に、対馬でカワウソが再発見されたのだ!

拡大対馬で撮影されたカワウソの動画画面=2017年2月6日、長崎県対馬市(写真提供:琉球大学動物生態学研究室提供)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

熊谷さとし

熊谷さとし(くまがい・さとし) カワウソ研究会共同代表

1954年、宮城県仙台市生まれ。日本野生動物観察指導員・自然保護運動図画工作執筆家。動物の専門学校、大学でメディア学の教鞭を取り、里山の動物観察会、講演会を開催するかたわら、30年間ニホンカワウソを追い続け、韓国、サハリン、カナダでフィールドワーク、現在は対馬で調査観察をしている。主な著書に『ニホンカワウソはつくづく運が悪かった!?』『身近に体験!日本の野生動物シリーズ』(偕成社)、『足跡学入門』(技術評論社)、『哺乳類のフィールドサイン観察ガイド』(文一総合出版)など。