メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』を撮って~小川淳也との17年

大島 新 ドキュメンタリー監督

 小川淳也衆院議員の17年間の政治活動を追ったドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』が公開前からSNSで話題を呼んでいる。映画の公式サイトには安倍官邸に近い政治ジャーナリストの田﨑史郎さんから、政権批判で注目を集めている俳優の小泉今日子さんまで、幅広い顔ぶれが推薦コメントを寄せている。公開に先立ち、大島新監督が映画に込めた思いを論座に寄稿した。(論座編集部)
拡大2017年、高松で小川淳也氏にインタビューする大島新監督(手前)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大島 新

大島 新(おおしま あらた) ドキュメンタリー監督

1969年神奈川県藤沢市生まれ。1995年早稲田大学第一文学部卒業後、フジテレビ入社。「NONFIX」「ザ・ノンフィクション」などドキュメンタリー番組のディレクターを務める。1999年フジテレビを退社、以後フリーに。MBS「情熱大陸」、NHK「課外授業ようこそ先輩」「わたしが子どもだったころ」などを演出。2007年、ドキュメンタリー映画『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』を監督。同作は第17回日本映画批評家大賞ドキュメンタリー作品賞を受賞した。2009年、映像製作会社ネツゲンを設立。2016年、映画『園子温という生きもの』を監督。プロデュース作品に『カレーライスを一から作る』(2016)『ぼけますから、よろしくお願いします。』(2018/文化庁映画賞 文化・記録映画大賞受賞)など。文春オンラインにドキュメンタリー評を定期的に寄稿している。