メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ポストコロナの観光地づくり《上》出石の町衆の心意気――歴史を守り育てる

【6】“但馬の小京都”に学ぶ~興隆の鍵は自立・自律の精神

沓掛博光 旅行ジャーナリスト

住民の寄付で櫓を復元。自立の始まり

拡大出石城跡にある有子山稲荷社まで続く石段と鳥居(beeboys/shutterstock)
 出石まちづくり公社の案内によれば、出石城は、有子山城から移った小出吉英(こいで・よしふさ)が慶長9(1604)年に築城。有子山の北面に沿って下から上へ階段状に延びる。

 最上段に、有子山稲荷社が立つ稲荷曲輪があり、その下に本丸、二の丸、三の丸が続き、本丸の東西に2棟の隅櫓、本丸西端に多門櫓などが立っていた。

拡大出石城の本丸跡に復元された隅櫓。費用は全額が町民の寄付で賄われた(但馬國出石観光協会提供)
 城郭の横の長さとなる東西の幅が約400メートル、奥行きの南北が約350メートルほどであったという。藩主は、小出氏、松平氏と移り、宝永3(1706)年に信州上田より仙石氏が5万8000石で入府。後に仙石騒動により3万石に減じられて明治時代を迎えている。

 明治元年に城はすべて取り壊され、石垣のみが歴史を語るように往時の姿を留めている。その中にあって、本丸跡の東と西に立つ二つの隅櫓の白壁が一際目を引く。瓦屋根をのせ、漆喰塗りの白い壁が苔むした石垣と好対照を見せているが、この櫓は昭和43(1968)年に町民の寄付により再建された。当時の金額で2300万円が集まったそうだ。

 「出石の町の人にとって城は心のシンボル。何としても復元したかったのです。全額を寄付で賄い、2棟の隅櫓を復元することができました。これが原動力になって、新しい出石の町作りがスタートしました」と、NPO法人・但馬國出石観光協会の森垣康平事務局長(46)は言う。

城下町のシンボル「辰鼓楼」

 町作りの詳細は後に述べるとして、城址から城下へ入ってみよう。

・・・ログインして読む
(残り:約2984文字/本文:約4626文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

沓掛博光

沓掛博光(くつかけ・ひろみつ) 旅行ジャーナリスト

1946年 東京生まれ。早稲田大学卒。旅行読売出版社で月刊誌「旅行読売」の企画・取材・執筆にたずさわり、国内外を巡る。1981年 には、「魅力のコートダジュール」で、フランス政府観光局よりフランス・ルポルタージュ賞受賞。情報版編集長、取締役編集部長兼月刊「旅行読売」編集長などを歴任し、2006年に退任。07年3月まで旅行読売出版社編集顧問。1996年より2016年2月までTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」旅キャスター。16年4月よりTBSラジオ「コンシェルジュ沓掛博光の旅しま専科」パーソナリィティ―に就任。19年2月より東京FM「ブルーオーシャン」で「しなの旅」旅キャスター。著書に「観光福祉論」(ミネルヴァ書房)など

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

沓掛博光の記事

もっと見る