メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

福島の甲状腺検査と住民の健康を本当に見守るために/上

自分の「ものさし」を持つということ――緑川早苗氏インタビュー

服部美咲 フリーライター

福島の子どもたちの反応

――甲状腺検査の説明会の様子をうかがえますか。

 福島医大の甲状腺検査室の業務の一環として、7年ほど出張説明会を担当していました。

 当初は大人向けの説明会をしていたのですが、ある小学校の先生から、「子どもたちにも説明してあげてほしい」と依頼されました。そこで、2014年に、初めて出前授業というかたちで子どもたちに向けた説明会をしました。大学からも、その頃は「子どもたちに甲状腺や検査のことを説明するのはいいことだ」と、歓迎されて

・・・ログインして読む
(残り:約6036文字/本文:約8556文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

服部美咲

服部美咲(はっとり・みさき) フリーライター

1983年生まれ。慶応義塾大学卒。ITベンチャー企業、地方団体勤務を経て、現在フリーライター。東北復興新聞、先端医療・工学メディア、官公庁広報など複数メディアで活動する。取材分野は地方創生、ワークスタイル、医療、工学など。