メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ALS患者嘱託殺人事件は安楽死と無縁 医師の立場から言いたいこと

生きたいと思うのが人間。それを手伝うのが医師の使命だ。

松永正訓 小児外科医・作家

嘱託殺人以外あり得ない今回の事件

 そのうえで、今回の事件の医師の行為について考えてみよう。

 今回のケースでは1から3を満たしていない。1で想定される痛みとは癌性疼痛のようなものだ。女性は寝たきりで身体に痛みはあったはずだが、耐えがたいとまでは言えないだろう。2については、まだ呼吸があったのだから死期の直前ではない。3は、ヘルパーや主治医が可能なかぎり緩和をしていただろう。代替手段がないレベルまで到達していたと言えない。つまり安楽死ではない。

 これは嘱託殺人以外ではあり得ないのだ。警察は慎重に捜査を進めたようだが、実はこの観点からは難しい話ではない。そして、この嘱託殺人が私たちの心を暗くする理由は、容疑者の医師が、生きるに値しない命は消した(枯らせた)方がいいと、考えていたからである。

拡大ALS患者嘱託殺人事件の大久保愉一容疑者(ブログから)
拡大ALS患者嘱託殺人事件の山本直樹容疑者(ツイッターから)

医師たちに苦悩はあったのか?

 彼らの考えによれば、

・・・ログインして読む
(残り:約1364文字/本文:約2958文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松永正訓

松永正訓(まつなが・ただし) 小児外科医・作家

1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。 『運命の子 トリソミー  短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『呼吸器の子』(現代書館)、『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』(中央公論新社)など。

松永正訓の記事

もっと見る