メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「観光資源化」するアイヌ民族の歴史に、なぜ歯がゆさを感じるのか

「民族共生象徴空間」開館から1カ月、私たちが突きつけられていること

田中駿介 慶應義塾大学法学部4年

北海道を挙げて「宣伝ムード」

ウポポイの開業を知らせる道路情報板=2020年7月26日、北海道大樹町、筆者提供拡大ウポポイの開業を知らせる道路情報板=2020年7月26日、北海道大樹町、筆者提供

 北海道白老町に国立アイヌ民族博物館と共に「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が開館してから、今月11日で1カ月を迎えた。

 筆者は「ウポポイ」が北海道内で過剰に宣伝されていることに、驚きを禁じ得なかった。北海道へ向かう飛行機の側面に「ウポポイ開業」のシールが貼られていたのだ。それだけではない。通常は、交通情報を案内するはずの国道や高速道路の看板にも「ウポポイ誕生」という文言が踊っていた。しかもウポポイが位置する白老町から遠く離れた道東地区ですら、である。

 7月下旬、実際に筆者も訪問してみた。筆者が訪問した際、PRキャラクター(いわゆる「ゆるキャラ」)の「トゥレッポん」との交流イベントや、アイヌ式伝統芸能上演などが行われていた。また、アイヌ式住居の再現施設の見学も行った。また国立アイヌ民族博物館では、アイヌ文化のほか、差別の歴史を含むアイヌの苦難な歴史が展示されていた。

 とはいえ、歯がゆさを禁じ得なかった。なぜなら、アイヌの歴史を単なる「観光資源」として消費しているように思えてならなかったからである。「歯がゆさ」を感じるに至った自らの経験にも触れながら、アイヌの人々に日本人と日本政府が何をしてきた/いるのかについて考察していきたい。

ウポポイの一角で、アイヌ民族の衣装を着て伝統芸能を披露する女性たち=筆者提供拡大ウポポイの一角で、アイヌ民族の衣装を着て伝統芸能を披露する女性たち=筆者提供

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中駿介

田中駿介(たなかしゅんすけ) 慶應義塾大学法学部4年

北海道出身。政治哲学、戦後市民社会論を専攻。旭川東高校時代、政治について考える勉強合宿を企画。その後、政治教育について論じるようになり、慶大「小泉信三賞」、中央公論論文賞・優秀賞を受賞。twitter: @tanakashunsuk

田中駿介の記事

もっと見る