メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

難民を追い詰めかねない法改正が進む日本の実態~映画「ファヒム」から考える

家族との別れ、送還リスクにさらされる生活。日本にも多くの「ファヒム」たちが……

石川えり 認定NPO法人難民支援協会代表理事

 8月14日に封切られた「ファヒム」は、バングラデシュの親子がフランスに難民として逃れ、様々な困難に直面する過程を描いた、実話に基づく映画だ。「母国に強制送還されれば、この子の命が危ない」。ファヒムの父親が何度か語るこの言葉が印象に残る。

 ストーリーは以下の通りだ。

 バングラデシュの8歳の少年ファヒムは、国内のチェス大会で優勝するなど頭角を現していたが、父親が反政府デモに参加したことから政府当局による迫害の危険を感じるようになり、父と共にフランスへ逃れる。しかし、難民申請は不認定となり、親子はホームレスに。生きるために路上で物を売っていた父親が警察に逮捕され、国外退去に向けての手続きが着々と進む中、ファヒムはチェスの全国大会に出場する――。

難民申請者の厳しい状況をリアルに描く

 映画では、日本の状況ともつながる難民申請者が抱える困難が数多く出てくる。祖国での暴力、家族との別れ、フランスへの到着後あっという間に尽きるお金とホームレス生活、嘘をつく通訳に象徴される不公正な難民申請手続き……。

 「常に堪え難い不安を抱え続けている」と監督が表現した、難民申請者の厳しい状況がリアルに描かれていた。

 難民として認められなかったファヒム親子は難民申請者用のシェルターを退去し、路上生活を余儀なくされる。「不法滞在のムスリム」と言われながらもフランスに滞在し続けたのは、強制送還によりバングラデシュへ送り返されれば、親子は拘束され引き離され、とりわけファヒムの命が危険にさらされるからだ。

 難民として保護を求めても認められず、命の危険がある故郷への送還の恐怖に直面する。フランスよりもさらに難民認定が厳しい日本でも、まさにこのような事態が起きている。

 昨年のフランスでの難民認定は約3万人、日本はなんと44人だった。多くが難民として認められない厳しい状況のもと、彼らをさらに追い詰めかねない法改正が、現在進められている。本稿ではあまり知られていないその概要をお伝えしたい。

拡大映画「ファヒム」の一場面

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

石川えり

石川えり(いしかわ・えり) 認定NPO法人難民支援協会代表理事

1976年生まれ。上智大学卒。1994年のルワンダにおける内戦を機に難民問題への関心を深め、大学在学中、難民支援協会(JAR)立ち上げに参加。大学卒業後、企業勤務を経て2001年よりJARに入職。直後よりアフガニスタン難民への支援を担当、日本初の難民認定関連法改正に携わり、クルド難民国連大学前座り込み・同難民退去強制の際にも関係者間の調整を行った。2008年1月より事務局長となり2度の産休をはさみながら活動。2014年12月に代表理事就任。第5回日中韓次世代リーダーズフォーラム、第2回日韓未来対話にそれぞれ市民セクターより参加。共著として、『支援者のための難民保護講座』(現代人文社)、『外国人法とローヤリング』(学陽書房)、『難民・強制移動研究のフロンティア』(現代人文社)ほか。上智大学非常勤講師。一橋大学国際・公共政策大学院非常勤講師。

石川えりの記事

もっと見る