メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「マスク着用」が映し出す「大学教育の敗北」

半田智久 お茶の水女子大学教学IR等センター教授

 僕は大学教員として数十年を過ごしほどなく定年を迎える。この仕事を振り返ると大きくふたつにおいて敗北を喫した。ひとつは教育、いまひとつは教育制度。いずれも敗因は同根だが、ここでは現下の社会状況にも直結している前者を取り上げ敗北の弁を述べる。

 まず何に対する負けか。大学教育の学校教育に対する負けである。だから、この敗北はむろん自分の仕事を含めたうえでの大学教育全般を指す。そういうものは神的裁定のような傲慢な言表になる。それは自覚のうえである。

 さて、大学教育を学校教育に対峙させて語る? おや、大学教育は学校教育ではないの、と思われるかもしれない。だが両者ははっきりと違う。なぜなら大学は学校ではないからである。

 むろん法令下では大学も学校の範疇にある、が、それは法がお得意の擬制に近い。事実、大学が学校でないのは大学が略称ではないこと、多くの人が知るように大学校は他にいくつもあり、それら機関と大学はあきらかに異なるからである。

 その呼称に異質性を垣間みるなら、大学はわざわざ「校」を外すことで門を閉じることをもってひとつの世界を囲い込むことをしない場であることを宣している。

 僕は毎新学期の最初の授業でこのことを必ず確認する。皆は未だ学校に来ていると思ってはいないか。ここは学校ではない。大学です。そして皆は未だ自らを生徒という蔑称をもってそれと知らずに卑下しているかもしれない。しかしもはや皆は、いたずら(徒)に生きている者ではない。みずから学び生きる存在、学生になっている。この先は常にその学生という自覚をもってキャンパスに集ってほしい、と。

拡大AN NGUYEN/Shutterstock.com

大学はいわれたとおりにしないことを身につける場だ

 この学校時代を卒業して大学へと入り、生徒から学生へと生まれ変わる事態は、青虫から蝶になるかのまさにメタモルフォーゼである。そこから大きな羽を広げて花から華へと飛び回るごとく「初めての学び」が始まる。その学びは学校教育の破壊と超克、それによって拡張していく世界観の展開になる。

 端的なところでは学校教育で教えられてきた正解、○、正しいことは、ことごとく疑問に付され、いずれもが暫定解にすぎないことを知る。それは以降の人生を貫く「自分の頭で考え活動する」ことの開始である。解には△しかない。それを自由とか自律といった概念と併せて知ってゆく。

 よって、研究者を名乗る者が「しかじかは絶対にあります」などといってしまったら、それは大学教育の失敗をあらわにしていることになる。資格を剥奪する以前に反省すべきことが突きつけられているのだ。

 正しさへの執着は正しいことが基調にある学校教育に長く晒される結果、身に染みついてしまう。なぜ学校教育は正しさを軸にするのか。それは学校教育の第一の目的が、あれこれと勉強する教科目の知識の内容を知ったり考えたりすることにあるわけではなく、まさに学習指導要領に明記されているように「知識を正確に身につける」ことにあるからである。ここに特段引っかかりを感じないとすれば、それはまさに学校教育の成果の顕現である。

 この「正確に身につける」換言すれば「いわれたとおりにする」というのは文字どおり、教科書、学校、先生がいわれたとおりにである。内容は二の次である。なぜなら、そこに通う子どもたちは全員、徒(あだ)に、つまり無駄にうわついて生きている者たちだから、ひたすら規律を正し、心身ともに訓育することが最優先だからだ。学校の目的はその遂行・完遂にある。極端には書いてあることが間を違えていても、そのとおりに覚えることを強いる。

 すこし横道に逸れるが同じ観点の知能観に立つと、人工知能は人間など及びもつかぬものになりつつあるから、近いうちにシンギュラリティを迎えて人びとはAI に従属することになるなどといった見解も登場する。が、それは幻である。人間にとって最も厄介な人工知能は人間以上に間違い、言い訳をし、都合よく嘘をつくがそれを見抜けない存在である。それはすなわち人並み以上に当てにならないAI だから、それが優秀であるほどに誰も相手にしなくなるだけである。

 話を戻そう。学校教育に対して大学での学びは正反対である。いわれたとおりにしないことを身につける。

 ただちに頭から鵜呑みにせず、である。権威つきであれ○×の裁断に出会ったら、まずその暴力性を感受し、そのうえでその根拠を求め、自分でよく考える。わからないところは共に考えていく。そして暫定解の位置を探る。

 しかし、仮にそれが大学教育であるとして、その実践はかように机上で綴れるほど容易ではない。まだ頭が硬化していない青年期に大学教育があることは一見、その営みにふさわしいように思える。

 だが現実はそれ以前の幼少年期12年間以上にわたって施される学校教育の直後にある大学教育は、強靱な慣性とも惰性ともとれる習慣の影響が及ぶ。しかも皮肉なことに学校教育を優秀にこなしてきた人たちほど、その成功体験をいつまでも適用しつづけようとする。

 大学のなかにも学校教育とさして変わらず大学を学校と思い、学生を生徒と呼ぶような場や時間もありうる。だから、そうした心地よさを求める学生はそこで過ごし、学校化された試験をよくして同類の世界へと就職し、十分に学校化された社会で学校化された政策づくりなどに勤しんで現下にみるような見事な再生産に従事していく。

 それはそれでよいではないか、全部が全部突破に向かうというのもおかしい。だが、そうなるとここでいう大学教育は社会不適応や道化や道外を察知させるだけになる。いわば映画やコントのカタルシスに留まる。

 頭の脱皮と乗り越えの役回りは大方空回りし、見事な学校教育を前に手をこまぬき、大学はあれど大学教育なしとぼやくことになる。大学教育が通じないのは何より自分たちの努力が足りないからだろう。そう思いながら、日々精進しやってきたつもりであった。たびたびの手応えも感じつつ過ごしてはきた。が結局は敗北を受けとめるにいたった。

 それを決定づけたのはこの感染症騒ぎでのマスクである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

半田智久

半田智久(はんだ・もとひさ) お茶の水女子大学教学IR等センター教授

1957 年、東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士課程満期退学後、教育研究職としては信州大学、宮城大学、静岡大学を経て現在、お茶の水女子大学教学IR等センター教授。著書に『GPA制度の研究』(大学教育出版)、『構想力と想像力』(ひつじ書房)などがある。