メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

【1】肯定することと隠すこと

「韓国人にはなり切れない。コスモポリタンとして生きたい」

中垣内麻衣子 ライター

韓国人の祖父と結婚して実家から縁を切られた祖母

 そもそも、原田さんの祖父が朝鮮半島南部から日本に渡ったのは1930年代後半のこと。16~17歳のときに仕事を求めて日本に来て、福岡の炭鉱で働き始めたといいます。その後、炭鉱での厳しい労働に耐えかね、大阪へ移りました。

 終戦後、なぜ朝鮮半島に戻らなかったのかと原田さんが聞いたところ、言葉少なに「帰れなくなっちゃった」とだけ返ってきたそうです。日本で生活の基盤を築いていた祖父にとって、すぐに帰郷することは難しかったのかもしれません。戦後、朝鮮半島が動乱に見舞われたことも

・・・ログインして読む
(残り:約2937文字/本文:約4471文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中垣内麻衣子

中垣内麻衣子(なかごうち・まいこ) ライター

1989年千葉県生まれ。一橋大学社会学部卒業。現在は、扶桑社SPA!Web編集部に所属

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

中垣内麻衣子の記事

もっと見る