メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

プロ野球とJリーグの観客増は、五輪の呼び水になるか

増島みどり スポーツライター

拡大プロ野球開幕後、初めて観客を入れて試合を開催した京セラドーム大阪=2020年7月10日午後、大阪市西区、金居達朗撮影

スポーツ対コロナの長期戦で前進、観客5000人上限から2万人へ

 9月8日午前、NPB(日本野球機構)とJリーグは連名で、西村康稔・経済再生担当大臣宛てに、観客数の段階的な増加を求める要望書をメールで発出した(後に文書郵送)。

 内容は、5月下旬に定められた大規模イベントでの上限5000人としてきた人数制限を、上限2万人、または競技場の収容人数の50%と段階的に増員する新たな緩和策を求めるもの。収容人数によっては、一気に4倍の2万人と上げずに、あくまでもクラブ、自治体サイドでの裁量で2万人まで、とする。合わせてサッカーのアウェー観戦者受け入れについては、「同時には難しい。まず人数を増やし、その後アウェー観戦を検討する」(村井チェアマン)との方針だ。

 要望書では、中間基準としての2万人でスタートしていく方向で①経済と感染症予防の両輪を回していく②プロ野球、Jリーグ両方が再開、観客を入れた7月10日以降、詳細なガイドラインが徹底し、ともに感染拡大につながる大規模なクラスターなどはファンの間でも発生していない③来年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、安心、安全な観戦環境を実現し五輪に貢献する、といった3つの論点が示されているという。

 政府は新型コロナウイルス感染症対策を話し合う11日の分科会で、早ければ19日に大型イベントの開催制限を段階的に解除する方向性を固めており、両プロスポーツはこの先陣を切る形で、観客の増員をスタートする見込みだ。プロ野球は6月19日、JリーグはJ2、J3は6月27日、J1は7月4日と、日本を代表するプロスポーツが始動し約3カ月が経過したが、5000人では球団、クラブとも経済的には厳しい状態のまま、またファンにも5000人の壁は閉塞感となっていた時期だけに、4倍になる増員が様々なジャンルでカンフル剤として期待される。

 西村大臣からの回答期限はないが、チケット販売が間に合えば、9月下旬には、一部「プレミア化」していたチケット入手が手の届く形に前進しそうだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの記事

もっと見る