メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ禍に学び、コロナ禍に楽しみ、より良い学校の日常をつくる

住田昌治 横浜市立日枝小学校校長

コロナ禍での逆流に悔しさ

 実は、3月、4月とテレビ取材も何度か受けて、放映されたが、その時にも同じような気持だった。学校の大変さを訴え、文部科学省や政府の対応の不十分さをニュースや報道番組で取り上げられたのだが、何か自分の伝えたいことと違った。

 学校は大変状況な中、話し合い、工夫し、アイデアを出し合いながらやっている。感染症予防のための対策や準備も、そんなに突き詰めてやるのではなく、最低限のルールは作りながら、子どもが考えて行動できるように働きかけていた。なぜならば、学校は管理や監視の場でなく、教育の

・・・ログインして読む
(残り:約2442文字/本文:約4180文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

住田昌治

住田昌治(すみた・まさはる) 横浜市立日枝小学校校長

 2010年~2017年度横浜市立永田台小学校校長。2018年度~横浜市立日枝小学校校長。 ユネスコスクールに加盟し、ホールスクールアプローチでESDを推進。独自の切り口で実践を重ね、書籍や新聞等で取り上げられる。2015年度は、「もみじアプローチ」でESD大賞小学校賞を受賞。「円たくん」開発など、子どもや教師が対話的・能動的に学習参加し、深い学びにいたるために有効なツール開発と商品化にも積極的に関わる。  ユネスコスクールやESD・SDGsの他、学校組織マネジメントやサーバントリーダーシップ、働き方等の研修講師や講演、記事執筆等を行い、元気な学校づくりで注目されている。  ユネスコアジア文化センター事業推進委員、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会会長、神奈川県環境教育研究会会長、全国小中学校環境教育研究会理事、未来への風プロジェクトメンバー、教育長・校長プラットフォームメンバー、横浜市ミニバスケットボール連盟参与を兼務。  著書に「カラフルな学校づくり~ESD実践と校長マインド~2019」(学文社)

住田昌治の記事

もっと見る