メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

一刻も早く学校らしい授業の再開を!

教育的配慮のもと、工夫次第で対面授業は実現可能だ

薄雲鈴代 ライター

学生の負担、教師のストレスフリー?

 リモート授業でも、昨今のテレビ番組で見るように、顔を見せて応答すればいいではないかということだが、私の周辺の教育現場では儘ならなかった。

 企業のオンライン会議や、テレビの番組内では、パソコン機材も揃っていようし、通信費も使い放題かもしれないが、学校においては、その費用はそのまま学生の負担になる。

 にわかにオンライン授業に切り替わった時、すべての学生がパソコンや通信環境を完備していたわけではない。(学校が、パソコン購入の補助金を出したと聞くが、それは微々たるもので)、スマホで授業を受ける学生が

・・・ログインして読む
(残り:約1819文字/本文:約3225文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

薄雲鈴代

薄雲鈴代(うすぐも・すずよ) ライター

京都府生まれ。立命館大学在学中から「文珍のアクセス塾」(毎日放送)などに出演、映画雑誌「浪漫工房」のライターとして三船敏郎、勝新太郎、津川雅彦らに取材し執筆。京都在住で日本文化、京の歳時記についての記事多数。京都外国語専門学校で「京都学」を教える。著書に『歩いて検定京都学』『姫君たちの京都案内-『源氏物語』と恋の舞台』『ゆかりの地をたずねて 新撰組 旅のハンドブック』。

薄雲鈴代の記事

もっと見る