メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナのワクチンは超スピード開発でウイルスよりむしろ危険?

未経験の副作用発生の可能性。接種するかどうかを自分で決める自己決定権が大切

岡田幹治 ジャーナリスト

安全性の確認が不十分

 開発が進む新型コロナワクチンについて、多くの研究者や医師が危険性を訴えているのはなぜだろうか。

 第一の理由は、安全性の確認が不十分なことだ。

 健康な人に接種するワクチンは治療薬より高い安全性・有効性が求められており、基礎研究・動物実験で安全性を確認した後、3段階の臨床試験(治験)をそれぞれ半年~1年かけて実施するのが普通だ。対象人員が少数の第1相試験、数十人以上の第2相試験、数千~数万規模の第3相試験だ。

 「安全性の確認には少なくとも数年はかかる。とくに小児や妊婦に対する安全性の確認は難しい」と大島真・徳島大学名誉教授は言う。

 ところが新型コロナの場合は、開発開始から1年足らずで承認されようとしている。米国をはじめとする先進国政府が多額の予算をつけ、必要な審査を短縮して開発を急がせているからだ。

 日本政府も多額の予算をつけ、基礎研究と動物実験、治験を並行して進めることを認めている。これは、安全性も有効性もほとんど確認されないまま人間に接種して確認することを意味する。いわば治験参加者を使った人体実験だ。

 また、ワクチンは人種によって差があるとされる免疫に作用するものだから、日本人での臨床試験が必須だが、新型コロナでは、海外で承認を得た医薬品について、国内での審査なしに承認する「特例承認」を認めている。

 このような拙速な開発・承認には、ワクチンは必要と考える宮坂昌之・大阪大学招聘教授らからも「危険だ」との指摘が出ている。

心配な「抗体依存性感染増強」のリスク

拡大StaniG/shutterstock.ciom

 ワクチンは人類の健康を守るうえで大きな役割を果たしてきた一方、重篤な副作用を生んできた。なかでも心配なのは、ワクチンを打つことでかえって感染を全身に広げてしまう「抗体依存性感染増強(ADE)」だ。

 ワクチンを打つと多くの場合、病原体(抗原)を攻撃する「抗体」(善玉抗体)がつくられる。だが、ときに逆の作用をする抗体(悪玉抗体)がつくられ、感染した免疫細胞が暴走して症状を悪化させることがある。

・・・ログインして読む
(残り:約3180文字/本文:約5239文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

岡田幹治

岡田幹治(おかだ・もとはる) ジャーナリスト

1940年、新潟県高田市(現・上越市)生まれ。一橋大学社会学部卒業。朝日新聞社でワシントン特派員、論説委員などを務めて定年退社。『週刊金曜日』編集長の後、フリーに。近著に『香害 そのニオイから身を守るには』(金曜日)、『ミツバチ大量死は警告する』(集英社新書)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

岡田幹治の記事

もっと見る