メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

深刻なアスリートへのセクハラにスポーツ界が初の声明発表

増島みどり スポーツライター

選手を守る現場は

 選手があげた声によって実態把握に乗り出したJOC、日本スポーツ協会など7団体は11月13日、アスリートへの性的嫌がらせを防ぐため共同声明を発表。ポスターを作製し、防止策を具体的に示せるよう歩みを進めた。

 山下泰裕JOC会長は「スポーツ界全体で卑劣な行為を撲滅していく。来年は自国開催の東京五輪・パラリンピックが控えている。アスリートが安心して競技に打ち込める場をつくるのが、多くの方々に楽しんでいただくために不可欠」と強い言葉で話し、問題を重く見たスポーツ庁・室伏広治長官も「選手を守ることは、競技施設の充実と同じく重要な環境整備」と第一課題にあげる。

 フィギュアスケート、体操では競技会での撮影は禁止されており、注意喚起を促す看板を持った係員が監視に回り、防犯カメラも使う。ゴルフも原則的に一般客の撮影はできない。こうした競技を撮影するカメラマンたちは、ネットで配信する写真にも神経を使っている。新聞、雑誌など紙媒体よりも早く、ネットで写真が配信されるからだ。

 「セクハラを想起させるような写真はそもそもアップしない。選手や関係者と信頼関係のためにも撮影、写真選択には注意を払う」(サイトの編集者)と話す。

 長年、幼児から女子選手の指導を続け、塚原直也(現在総監督)を含み24人の五輪出場選手を輩出した「朝日生命体操クラブ」(塚原体操センター)では、

・・・ログインして読む
(残り:約975文字/本文:約2718文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る