メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「オンライン学祭」とは何か?――「誰でも、いつでも、どこからでも」が奪う学祭の魅力

コロナ禍で変容する学生の活動

田中駿介 東京大学大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻

通常の学祭でも「政治と宗教」はタブー?

 オンラインではない通常の学祭でも、「政治的」な展示が排除されるという事件があったという。

 筆者は、2016年に慶應大に通っていたある男性(現在、大学院生)に話を聞いた。男性は、原一男監督のドキュメンタリー『ゆきゆきて、神軍』のオマージュ

・・・ログインして読む
(残り:約2139文字/本文:約3321文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中駿介

田中駿介(たなかしゅんすけ) 東京大学大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻

1997年、北海道旭川市生まれ。かつて「土人部落」と呼ばれた地で中学時代を過ごし、社会問題に目覚める。高校時代、政治について考える勉強合宿を企画。専攻は政治学。慶大「小泉信三賞」、中央公論論文賞・優秀賞を受賞。twitter: @tanakashunsuk

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

田中駿介の記事

もっと見る