メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

広がる植物由来の「お肉」と動物の未来

食習慣から考える動物との付き合い

梶原葉月 Pet Lovers Meeting代表、立教大学社会福祉研究所研究員

身近になった植物由来ミート

 「本当にまるでお肉ね! 私、ベジタリアンのお友達がたくさんいるから、今度連れてくるわね」と、60代くらいの女性はお店のスタッフに熱心に喋りかけていた。

 コロナ禍が未だに収束の兆しも見せない中ではあるが、大学に出かける必要があり、ついでに食事もしようと思い、いたしかたないので対面接触の少なそうな店を選んでみた。こんな大変な時期に、新規オープンしたというグルメバーガーの店だ。しかも、なぜかオランダから進出してきたという。

拡大植物由来の「肉」だけを使ったハンバーガー
 店名は、The Vegetarian Butcher(ベジタリアンブッチャー)。

 そう、なんとこの店は、植物由来の「プラントベースドミート」だけを使ったハンバーガーの店で、プラントベースドミートの販売コーナーも併設しているのだ。

 創設者のヤープ・コルテベーク(Jaap Korteweg)氏は、肉の消費が動物、自然、環境、気候そして生物多様性にとって脅威になると考えて、今までにない「美味しい」肉代用品を開発したらしい。

 はたしてその味は? 確かに既存の大豆から作るソイ・ミートなどとはかなり違って、肉らしい食感とジューシーさがある。味はかなりチーズバーガーに近いが、このチーズさえも豆乳をつかって作られたソイチーズだとは驚きだ。

 一昔前なら、日本人にとって「ベジタリアン」というのは、おおむね外国から来た「ちょっと変わった人たち」でしかなかった。とくに、やや宗教的とも言えるほど、動物性の食材や衣服のため動物の利用を完全に拒否する「ヴィーガン」は、なかなか日本人には理解するのが難しかったように思う。

 しかし時代はかわり、日本人にとってもヴィーガニズムやベジタリアニズムは身近になってきた(注1)。モスバーガーでは、今年5月、動物性食材を使わないグリーンバーガーの発売を全国で開始したし、ドトールも9月から植物由来の食材にこだわった大豆ミートバーガーを販売している。

(注1)ベジタリアンといっても乳製品は食べるなど、かなり幅があり正確に定義しようとすると細分化していくので、ここでは完全に動物からの搾取を排除する立場をヴィーガン、それ以外の菜食主義をベジタリアンとする。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

梶原葉月

梶原葉月(かじわら・はづき) Pet Lovers Meeting代表、立教大学社会福祉研究所研究員

1964年東京都生まれ。89年より小説家、ジャーナリスト。99年からペットを亡くした飼い主のための自助グループ「Pet Lovers Meeting」代表。2018年、立教大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。近著『災害とコンパニオンアニマルの社会学:批判的実在論とHuman-Animal Studiesで読み解く東日本大震災』。横浜国立大学非常勤教員、日本獣医生命科学大学非常勤講師。

梶原葉月さんの公式サイト

梶原葉月の記事

もっと見る