メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

東京オリンピック聖火リレー、全国859市区町村での実施発表

増島みどり スポーツライター

拡大リモートで参加した東北と東京の関係者と、聖火リレーの各都道府県の市区町村順のルートなどを発表する東京2020組織委員会の布村幸彦副事務総長=2020年12月15日、東京都中央区、代表撮影

オリンピアンにとっての聖火とは

 12月13日、講道館(東京文京区)で柔道史に残るすさまじい勝負が繰り広げられた。東京オリンピック代表のうち、1階級のみ決定していなかった男子66㌔級で、17、18年世界王者、阿部一二三(23=パーク24)と、昨年の世界王者、丸山城志郎(27=ミキハウス)が、柔道史上過去なかった1試合のみで決着する「ワンマッチ」方式で対戦。本戦4分後、延長が実に20分間に及び計24分の死闘の末、阿部が初の五輪代表に決定した。

 驚かされたのは、時間の長さばかりではない。24分間、2人は一度たりとも、肩で息をしたり、ひざに手を置いたりしなかった。「待て」から始動する際も、時間稼ぎや苦しそうな様子を見せていない。相手に悟られまいとする勝負の駆け引きだとしても、コロナ禍の不利にどれほどのトレーニングを積んだのか。想像をはるかに超えるスタミナ、集中力、精神力を持ってオリンピックという4年に一度の大舞台を目指した姿に圧倒された。

 「オリンピックを目指し、全てをここにかけて日々ひたむきにやってきた。そこに悔いはない」

 敗れた丸山は涙を流したが、顔を上げた。

 11月には、3月に日本に到着してから中止と、過去例のない事態に直面したまま日本で保管、管理されてきた聖火が、ランタンに灯され石川県内で展示された。

 金沢学院高OGでロンドン五輪57㌔級金メダリストの松本薫氏が会場となった「いしかわ総合スポーツセンター」で歓迎セレモニーに出席。昨年引退したものの、ランタンを運ぶ姿は緊張感に満ち、「コロナ禍の中、皆さんの思いがたくさん詰まった聖火なので、消してはいけないと久々に心を野獣にして運んだ」と話し、聖火リレー本番では石川県内を走るため「オリンピックに臨むようにしっかり走りたい」と、200㍍の距離にも真剣な表情を見せた。

 15日、東京五輪組織委員会は来年の聖火リレーが、今年予定されていた全国859市区町村で実施されると発表した。来年3月25日、福島県をスタートし、延期前と同じ都道府県の順番と、およそ1万人のランナーが121日をかけて全国を「Hope Light Our Way」=希望の道を、つなごう、をテーマにリレーする。競技会、聖火リレーと五輪の二大柱の日程が延期にもかかわらず、来年にほぼ「コピペ」されたのは、準備交渉の賜物である。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

増島みどりの記事

もっと見る