メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

年末年始のカロリー過剰摂取に効果的 沖縄の味噌汁でダイエットはいかが?

本土とはひと味違う沖縄のレシピから考えた歴史のこと、健康のこと……

山本章子 琉球大学准教授

 年末年始は、ごちそうを食べる機会が増える。コロナ感染対応でクリスマスパーティーや忘年会、新年会、親戚の集まりの自粛が呼びかけられているが、一切何もしなかった人は少なかったのではないか。私の住む沖縄県も、現実的な線として、「会合は4人以下、2時間以内、そして夜10時までに解散」を呼びかけた。

 とはいえ、大晦日には早めの初詣をする参拝客で沖縄を含め全国各地の寺社が混雑し、元旦の首里城には初日の出を見ようとする人々が大勢集まった。12月31日には東京都で過去最多の1337人、沖縄県で12月最多の58人のコロナ感染者が確認されても、日本人は年末年始の習慣を変えられなかったようだ。参拝をすませて年越しそばで温まり、初日の出を見て華やかなおせち料理とお雑煮を食べ、新年を祝った人は少なくないのではないか。

ダイエットの心強い味方

 ステイホーム、オンライン会議・授業、自粛と外に出られなかった2020年は、運動不足の一年だった。そこへ年末年始のごちそうだ。そばに添える天ぷら。お重に入った海老や数の子、いくら、ローストビーフ。ついいくつも食べてしまうお餅。そして、お屠蘇をはじめとした各種のお酒。高カロリー、高コレステロールの品々のオンパレードである。今年はコロナ禍で高級おせちがよく売れたともいう。

 つまり、年末年始に多くのみなさんは太ったのだ。

 そこで本稿では、年末年始の集まりの合間にできるダイエットの心強い味方を紹介したい。それは何か?

 沖縄の味噌汁である。

拡大筆者がつくった沖縄の味噌汁(山本章子撮影)

添え物ではない沖縄の味噌汁

 沖縄の味噌汁は食事の添え物ではない。堂々たる主役である。

 食堂で「味噌汁!」と注文すると、丼いっぱいになみなみとつがれた味噌汁と、ご飯、さばの塩焼きやひじき、おからなどの小鉢が運ばれてくる。いうなれば、味噌汁定食である。値段は600円台が平均。

 具として、白菜、キャベツ、レタス、わかめ、もやし、小松菜、にんじんなど、「今日はこの野菜が安かったのか」と推察される野菜が、あふれんばかりに入っている。それから島豆腐。本土のものと比べて、大豆の味が濃く、かたくてずっしり重たいのが特徴だ。肉は豚の三枚肉が入っていることもあるが、たいていは「ポーク」。本土では「スパム」と呼ばれている、ランチョンミートだ。

 呼び方が沖縄と本土で異なるのは、沖縄では、デンマークのチューリップ社が製造する「ポークランチョンミート」缶の流通量が多く、本土では、米ホーメル社の「スパム」缶が主流だからだろう。1945年から72年まで沖縄を占領統治した米軍が、軍の携行食であるポーク缶を、食糧難の沖縄の人々に大量に払い下げたことで、沖縄の食文化にポークが根づいた。

 沖縄の味噌汁に欠かせないのが卵だ。文字どおり丸ごと一個入っている。卵はポーチドエッグ状のお店もあれば、生卵のお店もある。後者の場合は、大量の熱々の味噌汁の温度を下げる意味合いがあると思われる。

 味噌は、白味噌のお店、赤味噌のお店の両方がある。一年中気温と湿度が高い沖縄の気候は味噌づくりに向いており、琉球王国時代から味噌を製造しているお店がいまでも残っているが、白味噌、赤味噌、合わせ味噌の各種を作っている。沖縄は〇〇味噌という決まりは特にないようだ。

 ちなみに、2016年2月に放送されたNHK番組「ブラタモリ」で、首里城近くの味噌工場(一般非公開)にて、タモリさんがおいしいと何度もつぶやきながら、きゅうりに味噌をつけて食べる場面がある。色合いから見て、玉那覇味噌醤油の「王朝みそ」に違いないと思われるが、これが本当においしい。首里の店舗だけではなく、サンエー那覇メインプレイスなどの大型ショッピングモールでも買えるので、機会があれば買い求めてみてほしい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山本章子

山本章子(やまもと・あきこ) 琉球大学准教授

1979年北海道生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。2020年4月から現職。著書に『米国と日米安保条約改定ー沖縄・基地・同盟』(吉田書店、2017年)、『米国アウトサイダー大統領ー世界を揺さぶる「異端」の政治家たち』(朝日選書、2017年)、『日米地位協定ー在日米軍と「同盟」の70年』(中公新書、2019年)など。

山本章子の記事

もっと見る