メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

トランプに扇動された支持者の暴走で、共和党議員の予言が現実に

「トランプを選んだら共和党は破滅」、そして「トリプルブルー」の成就

田村明子 ノンフィクションライター、翻訳家

 「もし我々がトランプを代表に選んだら、我々(共和党)は破滅させられる。そしてそれは自業自得なのだ」(リンゼイ・グラハム、2016年5月3日付のツイッターより)

 2016年の大統領予備選を前に、サウスカロライナ州共和党上院議員のリンゼイ・グラハムがツイッターでつぶやいたことが、4年半の年月を経て現実のものになった。

 1月6日の午後、信じがたいニュース映像が配信されてきた。

 首都ワシントンD.C.の連邦議会議事堂で、11月の大統領選挙で勝利したジョー・バイデン氏の当選を公式に確定させる上下両院合同会議中に、トランプ支持者たちのデモ隊が議事堂に乱入したのだ。

アメリカの首都ワシントンの連邦議会議事堂前に集まったトランプ大統領の支持者たち=2020年1月6日、ランハム裕子撮影拡大アメリカの首都ワシントンの連邦議会議事堂前に集まったトランプ大統領の支持者たち=2020年1月6日 ランハム裕子撮影

 トランプ大統領の選挙スローガン、MAGA(メイク・アメリカ・グレイト・アゲイン)の帽子を被り、Trumpと書いたTシャツを着た支持者たちが議事堂に押し寄せ、窓を割って中に侵入する様子がニュースに流れた。

 会議は中断されて議員たちが避難した間に、侵入者たちは内部で略奪、破壊行為を行い、セルフィーを自慢げにSNSに配信。だがこの暴動で、警官に撃たれた元空軍所属の女性1人と、持病などで体調不良に陥った3人、暴徒との乱闘で負傷した警官1人の合計5人が死亡。当日出た逮捕者は52人だった。

 乱入したトランプ支持者の中には銃を所持していた者も多く、建物内にいた上下両院議員たちに危害が及んだ可能性を考えると、警備も対応も驚くほど手ぬるかった。その翌日の7日夕方に、議会警察長官の辞任が発表された。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田村明子

田村明子(たむら・あきこ) ノンフィクションライター、翻訳家

盛岡市生まれ。中学卒業後、単身でアメリカ留学。ニューヨークの美大を卒業後、出版社勤務などを経て、ニューヨークを拠点に執筆活動を始める。1993年からフィギュアスケートを取材し、98年の長野冬季五輪では運営委員を務める。著書『挑戦者たち――男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で、2018年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。ほかに『パーフェクトプログラム――日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』、『銀盤の軌跡――フィギュアスケート日本 ソチ五輪への道』(ともに新潮社)などスケート関係のほか、『聞き上手の英会話――英語がニガテでもうまくいく!』(KADOKAWA)、『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)など英会話の著書、訳書多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

田村明子の記事

もっと見る