メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「記者クラブはアメリカに存在しない」という都市伝説

米国の情報アクセス実態と記者クラブ不要論

小田光康 明治大学ソーシャル・コミュニケーション研究所所長

記者クラブの閉鎖性の大きな要因は、入会に費やす時間

 では、これらを日本の記者クラブの入会審査と比較した場合、どうであろう。

・・・ログインして読む
(残り:約2026文字/本文:約4418文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小田光康

小田光康(おだ・みつやす) 明治大学ソーシャル・コミュニケーション研究所所長

1964年、東京生まれ。米ジョージア州立大学経営大学院修士課程修了、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。専門はジャーナリズム教育論・メディア経営論、社会疫学。米Deloitte & Touche、米Bloomberg News、ライブドアPJニュースなどを経て現職。五輪専門メディアATR記者、東京農工大学国際家畜感染症センター参与研究員などを兼任。日本国内の会計不正事件の英文連載記事”Tainted Ledgers”で米New York州公認会計士協会賞とSilurian協会賞を受賞。著書に『スポーツ・ジャーナリストの仕事』(出版文化社)、『パブリック・ジャーナリスト宣言。』(朝日新聞社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

小田光康の記事

もっと見る