メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

辞退しない聖火ランナーたち

福島からのスタートを待つカナダ人の思い

増島みどり スポーツライター

 福島市にある福島大学キャンパスまで、最寄りのJR金谷川駅から急な坂道を上って行く。スーツ姿で改札まで迎えに来たマクマイケル・ウィリアム氏(38=福島大国際交流センター副センター長)に恐縮していると、「昨年は聖火リレーに向けて、身体を何とか仕上げたんですが、今年はコロナ自粛でちょっと太って準備不足でして・・・いい練習になります」と、お腹の辺りをさすって笑った。

東日本大震災を経験 福島の皆さんに恩返しを

拡大福島大キャンパスのマクマイケルさん

 3月25日、福島県楢葉町のJヴィレッジから7月23日の東京オリンピック開会式を目指して聖火リレーが始まる(パラリンピック開会式は8月24日)。福島で聖火ランナーを務めるカナダ人は・・・と、あえて「カナダ」と国名を言うのも違和感を抱くほど、流暢な日本語と正しい敬語を使う。2007年、縁もゆかりもなかった見知らぬ土地・福島に、外務省と自治体による国際交流企画「ジェットプログラム」で来日。福島と人々を心から愛し、東日本大震災の困難を共に経験し、復興に歩む福島の姿を世界に知ってもらおうと、これまで800人以上の学生を受け入れる活動を続けて来た。

 東日本大震災から10年を迎え、海外メディアからの取材依頼が殺到していたという。「フクシマ」に対する偏見を交えた質問や、事前の約束を守らない取材に、「礼儀がないのはどうでしょうねぇ。少しカチンと来ます」とユーモアたっぷりにこぼしながら、「これ、福島銘菓です、召し上がって下さい」と、コーヒーと優しい味の和風スイーツが研究室のテーブルに運ばれてきた。さすがは「あったかふくしま観光交流大使」である。

 聖火ランナーの志望動機には、このような話が記されている。

 「福島は、数え切れないほどの美しさと人々の優しさ、そして内に秘めた力強さを持つ、世界に誇れる地域です。震災を機に、そんな福島に対する誤解が海外で瞬く間に広まってしまいましたが、同時に、根気強く発信や現地で応援を続けてくれる福島の大ファンの仲間もたくさん生まれました。聖火ランナーとして、地域の皆様と一緒に福島の魅力を伝えることができたら本望です」

 リレースタートから3日目、27日に南会津を走る。研究室には、妻・亜希子さんと、12歳と9歳の息子たち、2007年から県内全域で続けてきた交流で撮影した数々の写真が飾ってある。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの記事

もっと見る