メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

監視国家化を狙う菅首相のメディア政策は総務省接待疑惑でも終わらない

菅首相の「天領」である総務省がからむ「大きな絵図」には用心が必要だ

徳山喜雄 ジャーナリスト、立正大学教授(ジャーナリズム論、写真論)

 菅義偉首相が一番頼りにしていた総務省、しかも腹心の谷脇康彦総務審議官が、高額接待を受け失脚した。国の行く末について大きなビジョンを語ったことのない菅氏は、携帯電話料金の値下げなど眼の前の国民受けする政策で得点を稼ぐ、野球でいうならホームランや長打ではなくバットを短くもち短打で出塁するタイプの政治家だが、大きな命脈を断たれることになった。

 とはいえ、国民のセンシティブな情報を手中におさめるデジタル庁新設は着々と進み、NHKをはじめとする放送局支配が強化されるなど、「監視国家」「権威主義国家」に向かう菅首相のメディア政策が潰(つい)えたわけではない。憲法で保障される言論・報道の自由などはおかまいなしの「情報管理」は、むしろ盤石になっているかのようだ。

拡大参院予算委に出席した谷脇康彦・前総務審議官=2021年3月15日

モリ・カケ・サクラと同じ構図

 総務官僚や歴代総務相への大規模な接待疑惑は、よりによって放送事業関連会社「東北新社」に勤める長男正剛氏の動きから発覚することとなった。

 正剛氏は菅首相が総務相のときに秘書官を務め、その後菅氏と創業者が昵懇(じっこん)の間柄である東北新社に就職。同社幹部と総務官僚との会食の場をセットしてきた。 安倍晋三政権時代をふくめて権勢を誇る菅氏の長男の誘いは断りにくい。

 総務省は、総務副大臣や総務相を務めた「殿様」の菅首相にとっていわば「天領(直轄地)」。菅首相が強い影響力をもちつづけてきた天領の「家老」が谷脇氏で、携帯値下げなどの肝いり政策を担ってきた。

 もう一人の腹心が総務審議官だった山田真貴子・前内閣広報官だ。首相官邸に取り立てられ、報道各社などから情報を集める「女忍(しの)び」のような役割を果たしていた。その山田氏も1回あたりの会食で7万円を超える高額接待を東北新社から受け、さらにNTTからも接待され、辞職に追い込まれた。

 自民党内で派閥に属さず、これといった後ろ盾のない菅氏のとっては、手足をもぎとられたようなものだ。後手に回るコロナ禍対応や、東京五輪へのリーダーシップなど数々の難題を抱える首相に、容赦ない試練が降り注ぐ。

 だが、これは「身から出た錆(さび)」ともいえる。身内である長男への総務官僚の「忖度」は、安倍前首相が関係した森友・加計学園への便宜、「桜を見る会」の公私混同などと根は同じに映る。

 菅首相の「長男は別人格で民間人だ」という国会答弁を聞くにつけ、安倍前首相が森友問題に関係した妻昭恵氏のことを「私人だ」と言い張ったことを思いださずにおられない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

徳山喜雄

徳山喜雄(とくやま・よしお) ジャーナリスト、立正大学教授(ジャーナリズム論、写真論)

1958年大阪生まれ、関西大学法学部卒業。84年朝日新聞入社。写真部次長、アエラ・フォト・ディレクター、ジャーナリスト学校主任研究員などを経て、2016年に退社。新聞社時代は、ベルリンの壁崩壊など一連の東欧革命やソ連邦解体、中国、北朝鮮など共産圏の取材が多かった。著書に『新聞の嘘を見抜く』(平凡社)、『「朝日新聞」問題』『安倍官邸と新聞』(いずれも集英社)、『原爆と写真』(御茶の水書房)、共著に『新聞と戦争』(朝日新聞出版)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

徳山喜雄の記事

もっと見る