メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ禍・放射能災害の中で「正しく恐れる」ことの意味を問う

科学忌避論はなぜ生まれるのか

舘野淳 核エネルギー問題情報センター事務局長

 今日コロナ禍が続く中で、外出制限措置が実施され、マスク着用、手洗い、三密を避けることなどが要請されている。わが国ではコロナ罹患を避けるためにはこうした科学的感染対策が重要であるという認識は広く行きわたり、これを疑う人は極めて少ない。

  一方10年前に発生した東日本大震災による福島原発事故に際して人々を苦しめた放射能災害に関しては、「科学的に対処すべきである」という主張はなかなか受け入れてもらえず、私自身も「科学至上主義である」などと再三批判されたことを覚えている。当時の事情をまとめて出版した本(岩井孝、児玉一八、舘野淳、野口邦和『福島第一原発事故10年の再検証』[あけび書房]、以下『再検証』)の中で、「放射能災害とコロナ禍の科学論」という文章を書き、「科学的対応忌避」の本質はどこにあるのか分析を試みた。

拡大東京電力敷地内に汚染水の貯蔵タンクが並ぶ福島第一原発=2020年10月16日

コロナ禍で明らかになった「正しく恐れる」ことの重要性

 ところが最近朝日新聞「論壇時評」に掲載された「『正しく恐れる』が生む排除」(内田麻理香、2021年1月28日朝刊)という文章(以下内田論考)が目に留まった。その内容は福島事故当時行われた「科学忌避論」の一つの典型であり、看過するわけにはいかないものを含んでいる。同氏の論考を手掛かりに「科学忌避論」の本質を探ってみよう。

 内田論考は次のように主張する。福島原発事故後、低線量被曝を恐れる人に対して「正しく恐れる」という言葉が数多く使われ、ネット上では「放射脳」というレッテルが貼られた。今また「コロナ脳」という心ない言葉を目にする。「正しく恐れる」は科学的知識のあるものが、知識がないとみなす側に対して使った言葉で、自分と感覚が異なり「怖がりすぎる」と思われるものに向けて、「あなたのリスク認知は歪んでいる」と非難する意味合いをもっている。人の感じるリスク認識は一貫性がなく多様だ。一人ひとりが大切にしている文脈を無下にし、また相手を「不合理な理性」をもつとして排除するような「正しく恐れる」という言葉は使うべきではない、と。

 上記主張は、今日のコロナ禍の実状に照らしてみればその誤り、少なくとも論理の不備が直ちに明らかになる。サイエンスライターとして内田氏は、一般市民の感性を大切にしたかったのかもしれないが、科学の位置づけに関して順序が逆である。上記論考では、情緒的感想・感慨が先行しており、何が真実か、何が真のリスクかについて一言も触れていない。人間とは独立に存在する自然(ここではコロナウイルス)、これを理解するための科学という体系、それを伝える科学者という構造を内田氏は全く考慮していない。

 コロナのように人々の行動の誤りが、罹患の危機を生みひいては生命の危険につながるような場合、科学者は真実を全力で主張すべきである。科学の目的は自然を究明して何が真実であるかを明らかにすることにあり、人びとの感性に沿うことにあるのではない。

 確かに、科学が進んだ今日、科学者と一般市民との間のコミュニケーションの困難さがあることは認めるにしても、それは「正しく恐れる」ことを拒否する理由にはならない。コロナ流行下にマスクの着用を拒否して走りまわっていたトランプ支持者のTV映像を思い出せば、このことは容易に納得できると思う。トランプ現象からわかるように、排除・分断は科学を認めないところにこそ生じる。

 以上述べたように「正しく恐れる」とは「科学的であれ」という主張であるが、私はもう少し掘り下げて、次に述べるように「科学を歪めるな」というメッセージでもあると捉えたい。

拡大新型コロナ感染拡大で人影もまばらになった日曜日の渋谷スクランブル交差点=2020年4月5日

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

舘野淳

舘野淳(たての・じゅん) 核エネルギー問題情報センター事務局長

1936年生まれ。1959年東京大学工学部応用化学科卒業。日本原子力研究所員を経て、1997年から2007年まで中央大学商学部教授。現在核・エネルギー問題情報センター事務局長。工学博士。著書:単著は『廃炉時代が始まった』(朝日新聞社、2000年、リーダーズノート社より2011年に再刊)、共著は『原発より危険な六ケ所再処理工場』(本の泉社、2017年)、『原発再稼働適合性審査を批判する』(本の泉社、2019年)、『福島第一原発事故10年の再検証』(あけび書房、2021年)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです