メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【6】

サイバースペースにおける「言論の自由」の社会実験の失敗/下

清義明 ルポライター

 ゲーマーゲート事件で、アメリカの匿名掲示板に分岐点が生じたと書いた。そして、西村博之氏がオーナーになって、日本基準ともいえる自由放任主義の掲示板になった4chanがオルタナ右翼と差別主義者に完全に乗っ取られたかのようなダーク無法地帯となった。

 西村氏の前のオーナーであるクリストファー・プール氏は、まだゲーマーゲート事件の書き込みの規制を行い、なんとか騒ぎをおさめようとしていた。その時に、ゲーマーゲート事件の書き込みの規制に反発したユーザーが新しく使いだしたのが、8chanである。

Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【1】
Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【2】
Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【3】
Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【4】
Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【5】

8chanの運営は風前の灯火だった

拡大Shutterstock.com

 8chanは、もともとはフレドリック・ブレナン氏によって2013年に開設されたものだ。クリストファー・プール氏が若干15歳で4chanを立ち上げたのと同じように、ブレンナン氏も19歳で8chanを立ち上げた。

 もともとはブレンナン氏は4chanのユーザーであったが、自由にスレッドが立てられないのが不満であり、もっと自由度の高い匿名掲示板をつくりたかったという。8chanは当時の4chanよりも規制が緩かったために、一挙に4chanからユーザーが流れ込んだ。

 ブレンナン氏は最初は匿名で運営していたが、やがて4chanから流入したユーザーが爆発的に増えていってから、いわゆる「身バレ」してしまった。そして、4chanに並ぶかのように巨大なトラフィックとなっていったときには、ネット界の有名人となっていった。しかし、この手の匿名掲示板の宿命ともいえるビジネスモデルの欠如の難題にすぐに直面した。

 それはそうだろう。4chanでの書き込みが許されないような悪い筋のユーザーが集結したのが8chanだったからだ。広告は当然つかない。さらには投稿にある児童ポルノなどの存在も問題視され、複数のインターネットサービスプロバイダーからはアクセスを拒否されるようになり、さらには資金調達のためのクラウドファンディングサイトも8chanを追放した。8chanの運営は風前の灯火だった。

 そこに現れたのが、あのジム・ワトキンス氏だ。

 すでに、2ちゃんねるの経営を掌握していたジム氏はフィリピンで、この8chanを知る。これを教えてくれたのは息子のロン・ワトキンス氏だそうだ。ジム氏は、サイトの経営難に直面していたブレンナン氏に、サーバーインフラを提供するとともに共同での経営を持ちかけた。

 きっとジム氏にはふたつのことが頭にあったはずだ。ひとつは2ちゃんねるの経営を手に入れた経験、そしてあの盟友でもあり仇敵でもあった西村氏が、アメリカで2ちゃんねるのノウハウをつかって4chanを経営し始めたことだ。

 そうして、ジム氏はブレンナン氏に近づいて、フィリピンへの移住とサイトの共同経営を持ちかけたのだ。

 「ジムは私に嘘をついていました。2ちゃんねるを運営しているのは自分だと言っていました。ひろゆきは英国の女王のように君臨すれども統治せずだ、と私に説明していたのです。日本語を勉強するようになって、2014年のジムとひろゆき(西村博之氏)の裁判の記録などを読んで、やっとそれがデタラメだとわかりました」

 こう語るブレンナン氏は、フィリピンに移住して8chanの運営を行っていた。だが、そこでジム氏とトラブルがあったようだ。なによりもブレンナン氏は、8chanが様々な問題を巻き起こしていることに、だんだんと恐怖を感じるようになっていたのだ。ブレンナン氏は、サイトの管理人を辞任した。あとを継いだのはジム氏の息子、ロン・ワトキンス氏だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

清義明

清義明(せい・よしあき) ルポライター

1967年生まれ。株式会社オン・ザ・コーナー代表取締役CEO。著書『サッカーと愛国』(イースト・プレス)でミズノスポーツライター賞優秀賞、サッカー本大賞優秀作品受賞。

清義明の記事

もっと見る