メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

五つの要因から必然だったプロ野球の「9回打ち切り、延長戦なし」

戦力編成・戦術の見直し、経営上の影響があっても特例措置を導入したワケ

鈴村裕輔 名城大学外国語学部准教授

飲食店への営業時間時短要請に対応

 今回、プロ野球界が9回で試合を打ち切ることを決定した第二の理由は、緊急事態宣言は解除されても、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県では、飲食店に対して21時に終業するよう、営業時間の短縮を要請していることである。

 この1都3県には、読売ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズの5球団がある。総務省の『日本標準産業分類』によれば、プロ野球は「生活関連サービス業、娯楽業」に分類され、国税庁もプロ野球選手を『日本標準産業分類』の規定に準じて扱うとしている。つまり、飲食業と生活関連サービス業ないし娯楽業とは、業種として完全に一致はしていない。

 にもかかわらず、プロ野球側が1都3県での飲食店への営業時間の短縮要請を踏まえたのは、公式戦の試合時間の長さのためだ。

 2000年から2020年までの、コールドゲーム及び延長試合を除いた9回試合のみのプロ野球の公式戦の試合時間の平均は3時間12分。最短で平均3時間6分(2011年)、最長で3時間19分(2004年)だ(表1)。

拡大表1 プロ野球の公式戦の試合時間(コールドゲーム・延長試合を除いた9回試合のみ)

 基本的にプロ野球のナイターの開始時間は18時である。延長戦にならなくても、試合終了はほとんど21時を過ぎる。延長戦を認めれば、たとえ昨年同様10回で打ち切ったとしても多くの試合で終了時間が21時以降になることは容易に想像される。

 セントラルとパシフィックの両リーグは、開幕戦から4月17日までの暫定的な措置として首都圏で行われるナイトゲーム32試合の開始時間を繰り上げ、17時30分もしくは17時45分からとした。これは、球界が試合の終了時間が可能な限り21時を超えないようにしようと努めていることを示している。

観客が終電に遅れないように配慮

 第三の理由は「大都市での終電繰り上げ」だ。

 首都圏や関西圏ではJRと主要私鉄各線が3月13日(土)から電車の運行時刻を変更し、終電の時刻を繰り上げた。

 新型コロナウイルス感染症拡大による在宅勤務の増加や利用者の減少により、深夜帯に電車を運行する必然性に乏しくなったことが主たる理由であることは周知の通りである。

 最大で35分程度繰り上がることは、多くの人の生活とは関係ないかのように思われるかもしれないが、プロ野球の観客にはどのような影響があるだろうか。

 東京ドームや明治神宮球場など都心部の球場では、観客の最も重要な移動手段は鉄道だ。試合終了が近づくと、東京メトロ丸の内線の後楽園駅や銀座線外苑前駅が家路につく観客でにぎわう光景は、2019年までは日常的なものであった。

 一方、延長戦が10回までだった昨年も、全12球団がいずれも4時間を超える試合を経験しており、中日ドラゴンズや東京ヤクルトスワローズのように試合時間が4時間49分を記録した球団もある。

 2020年と同様に延長戦10回まで行うとすれば、降雨などで試合が中断するなどした場合、観客が終電に乗れない可能性がある。観客が、電車の乗り継ぎを含めて終電の時刻を事前に確認するのは当然とはいえ、球団側も事前に予測される懸念に対処することは危機管理のうえから妥当なだけでなく、球界が新型コロナウイルス感染症の拡大防止に本気で取り組んでいることを示す象徴となる。

拡大プロ野球開幕戦を迎えた神宮球場。阪神・ヤクルト戦のスタンドはマスクをした観客が間隔を空けて座っていた=2021年3月26日、神宮球場

批判を受けた東日本大震災時の対応

 観客の終電の時間まで考慮して球団が対応するのは過剰と思う向きもあるだろうが、必ずしもそうではない。何故なら、2011年3月11日の東日本大震災時、球界は初期の対応に失敗し、世論の反発を招いた経験があるからだ。

・・・ログインして読む
(残り:約1616文字/本文:約4152文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴村裕輔

鈴村裕輔(すずむら・ゆうすけ) 名城大学外国語学部准教授

1976年、東京生まれ。名城大学外国語学部准教授、法政大学国際日本学研究所客員所員。法政大学大学院国際日本学インスティテュート政治学研究科政治学専攻博士課程修了・博士(学術)。専門は比較文化。主著に『メジャーリーガーが使いきれないほどの給料をもらえるのはなぜか?』(アスペクト 2008年)、『MLBが付けた日本人選手の値段』(講談社 2005年)がある。日刊ゲンダイで「メジャーリーグ通信」、大修館書店発行『体育科教育』で「スポーツの今を知るために」を連載中。野球文化學會会長、アメリカ野球愛好会副代表、アメリカ野球学会会員。

鈴村裕輔の記事

もっと見る