メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

松山英樹が世に投げかける「最後に頼る武器は何か」

人ひとりの人生体験だけでは身につかない大事な生き様

倉沢鉄也 日鉄総研研究主幹

 グリーンジャケット。松山英樹選手の快挙とその要因、本人や周囲のコメント、はすでにスポーツ報道として様々語られており、それは割愛する。松山自身が述べた「次に続く若い人たち」にとどまらず、世の人が広く受け取ってほしい本当のメッセージは、次の週からの松山の姿だ。いっときの凱旋帰国ののち、休む間もなく荷物をまとめて次の戦地に向かい、好成績と不振とケガとトレーニングを続けるワールドツアーの一選手・H.Matsuyama。それこそが若者たちの受け取るべき真に大事なメッセージだと思う。

拡大マスターズに優勝し、オンライン会見に臨む松山英樹選手=2021年4月14日

〝一生に何度もない勝ち〟が見えた状況で、人が最後に頼る武器は何か

 日本人初の云々、を喜ぶのは一瞬でいい。世界の歴代名選手たちの言を待つまでもなく、松山のメジャータイトル獲得は世界中が期待していたものだ。日本国籍グローバルアスリートのあるべき捉え方、そこから自称日本人が得るべきもの、もこれまで拙稿にて様々論じてきたので割愛する。

 今回、松山が図らずも、ライブ中継を通じて世の人々とくに若者へ、訴えたメッセージがある。それは「一生に何度もない〝勝ちが見えた〟状況で、人が最後に頼る武器は何か」ということだ。

 日本では月曜朝にライブ中継された、サンデーバックナイン(最後の9ホール)のメロメロぶりは、本人コメントも含めた報道のとおりだ。少年時代以来蓄積したあらゆる準備を繰り出した上での、彼の最後の武器は「ミスしないで打つ」だったことを、彼もインタビューで繰り返し述べている。プロゴルファーの具体的なテクニックの変化を見て取る眼は筆者にないが、ショットをまっすぐ(曲げずに)打つ、アプローチ~パットの距離をあわせる、ミスはすべて防ぐが気持ちだけは攻める、と、やることを極力少なくしたことは明確に見て取れた。そして、苦しみながら逃げ切って、勝った。

「人生を賭けた瞬間」の最後のメンタリティーに学べ

 その姿は、20年前の風景と重なった。

 2001年7月、テニスのウインブルドン男子決勝戦、4時間の激戦の末にゴラン・イワニセビッチ選手(クロアチア)がパトリック・ラフター選手(豪州)を破り、四大大会たった一度の優勝を遂げた時の、その彼の最終盤の姿だ。30歳、徴兵(同国での許容年限)前最後の出場(14回目)、世界125位からの4度目の決勝戦、最初で最後のグランドスラムタイトルを目前にした彼。世界最高速の弾丸サービスを武器とする彼が最終盤に選択したのは、1種類の球種とコースに絞り、威力を落として確率を上げたサービス(具体的には、ファーストサーブが相手バックハンドへのスライスサーブ、セカンドサーブが相手フォアハンドへのスピンサーブ)をコート内に入れることだけ、だった。

 元世界2位の手が震えてラケットが握れなくなり、そのサービスすらも多くがコートに入らず、泣きながら球を打ち、そしてもつれた試合を勝ち切った。もはや相手(元世界1位)の力量はほぼ関係なく、イワニセビッチのサービスがコートに入るか入らないかだけ、のテニスとしては特殊(ゴルフ類似?)なメンタル状態になった最終盤だった。

 テニス史上最高のビッグサーバー(年間サービスエース本数は現在も歴代最多記録)の最後の武器は、「弾丸サービスを信じて打つ」ではなく、「なんでもいいからサービスを入れる」だったのだ、それが人生を賭けた瞬間の最後のメンタリティーなのだ、とその時観戦して思った。

拡大イワニセビッチ選手 cjmac / Shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

倉沢鉄也

倉沢鉄也(くらさわ・てつや) 日鉄総研研究主幹

1969年生まれ。東大法学部卒。(株)電通総研、(株)日本総合研究所を経て2014年4月より現職。専門はメディアビジネス、自動車交通のIT化。ライフスタイルの変化などが政策やビジネスに与える影響について幅広く調査研究、提言を行う。著書に『ITSビジネスの処方箋』『ITSビジネスの未来地図』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

倉沢鉄也の記事

もっと見る