メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

オンライン授業で「リアルタイム授業」は本当に必要か?

コロナ後も授業は少しずつでもオンライン化していくべきだ

赤木智弘 フリーライター

そもそも授業はオンラインで分散した方がいい

 そもそも、僕は学校の授業というものは、みんなが教室に集まって授業を受けるよりも、オンラインで分散して受けた方がいいと考えている。

 理由としては、まずは

・・・ログインして読む
(残り:約1338文字/本文:約2633文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

赤木智弘

赤木智弘(あかぎ・ともひろ) フリーライター

1975年生まれ。著書に『若者を見殺しにする国』『「当たり前」をひっぱたく 過ちを見過ごさないために』、共著書に『下流中年』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

赤木智弘の記事

もっと見る